fbpx
今年もonyourmarkでは数々のスポーツ&アウトドアギアを紹介してきました。その全貌を眺めつつ、特に「ランニング」「サステナブル」「アウトドア」の視点から2021年のフィールドでどのようなギアが注目を集めたのかを振り返ります。そこにある流れが2022年の新しい地平にいかにして結びついていくのか。予感も交えながら2021年にシーンを彩ったギアを再確認していきましょう。

厚底シューズシーンに伏兵も登場!?

2021年に最初に大きな話題を呼んだのは箱根駅伝2021で選手が履いたシューズに関する記事。NIKEのシェア率が96%だったことは驚きとともに受け止められ、厚底シューズ時代の到来を強く印象づけるものでした。

<関連記事>
NIKE圧勝の中、あえて履かなかった9人の選択 〜箱根駅伝2021に見る最速シューズ考
mag.onyourmark.jp/2021/01/hakone_shoesshare_nike/130105

そんな中、NIKE以外のメーカーからも最新技術を駆使した厚底シューズが登場。特にASICSが生み出したトップエンドのマラソンシューズ、METASPEEDは12月に行われた最後の福岡国際マラソンで日本人トップとなった細谷恭平選手の足元を支え、2位という記録に貢献するなど、その存在感をじわじわと発揮しつつあります。2022年はますます群雄割拠の様相を呈することが予想できるでしょう。

<関連記事>
ランナーに寄り添うASICSのアプローチを体感 METASPEEDのスピードに驚いた
mag.onyourmark.jp/2021/04/asics_metaspeed_testrun/132693

ストライドかピッチか、それが問題だ マラソン勝負シューズに切り込むASICSのMETASPEED

mag.onyourmark.jp/2021/04/asicsmetaspeed/132490

ランニングギアもよりサステナブルに

2021年のギアを語る上で最も多くキーワードに上がったのが「サステナブル」でした。NIKEのランニングシューズ、アルファフライが新しく〈ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト ネイチャー〉として登場したことをはじめ、シューズからウェアまで幅広くサステナブルな製法と素材で生み出されたことが印象的でした。

<関連記事>
ランニングと地球の未来を問いかけるサステナブル・ヴァージョン ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト ネイチャー
mag.onyourmark.jp/2021/09/nike_airzoomalphaflynextnature/136702

PERFECT SUSTAINABLE RUNNING GEAR
#1 ここでも時代の先を走る NIKE ZOOM ALPHAFLY NEXT NATURE

mag.onyourmark.jp/2021/10/alpha_fly_next_nature/137750

特に昨年末に登場したニューカマーブランドのHERENESSが天然素材メリノウールがもつ吸湿速乾性が快適なランニングを実現するSMOOTH WOOL T‑SHIRTやサトウキビ由来の生地を使用するSUGARCANE SHORTSはじめ、ランニングやヨガで活躍するウェアを立て続けにリリース。また、Allbirdsもサステナブルなランニングパフォーマンスウェアを展開するなど、ユーザーとしては選択肢が増えたこともうれしいポイントでした。2022年もこの動きがますます加速することは間違いないです。

<関連記事>
ハーフ日本記録保持者はパリの夢をみるか 小椋裕介
mag.onyourmark.jp/2021/04/yusuke_ogura/132366

天然素材でいつまでも走りたい Allbirds Natural Runコレクション
mag.onyourmark.jp/2021/09/allbirds_naturalrun/136267

アウトドアでのギア選びは楽しく、自由に

アウトドアシーンにも例に漏れずサステナブルな潮流は訪れており、フィールドでのインプレッションをレポートしたCotopaxiのバックパックは残材を用いることで唯一無二のカラーパターンになる特別感も相まって、実際に手にした方も多かったようです。

<関連記事>
Cotopaxiと歩く、南高尾のローカルトレイル
mag.onyourmark.jp/2021/10/cotopaxi/137230

他にも編集部でハイキングパンツを履き比べてみたレビュー記事や登山用リュックサックの定番となったkarrimorの日本版ridge開発秘話を聞いたインタビュー記事などアウトドアでのアクティビティをサポートしてくれるギアを数々紹介。本質に迫ることで、よりギアへの愛着がいっそう湧くような瞬間も多々ありました。

<関連記事>
山も街も。つい普段履きしたくなるハイキングパンツ 注目5ブランドを一挙レビュー
mag.onyourmark.jp/2021/05/hikingpants/133030

日本向けに開発されたridgeに見るkarrimorのモノ作りの本質
mag.onyourmark.jp/2021/10/karrimor_ridge/136888

2022年もonyourmarkでは様々な視点をもちながら、フィールドで活躍してくれるギアを紹介していきます。

MAIL