fbpx

NIKE(ナイキ)のこの歩みは、はじめの一歩にして、大きな一歩になりそうです。あのアルファフライを、サステナブルな製法と素材によって新たに生み出すことに成功。〈ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト ネイチャー〉が、世の中のランニングシューズのあり方を激しく問いかけます。

camp plus fishing

これまでにも、サステナブル配慮の再生素材や製法を種々のシューズに取り込んできたNIKE。製品のみならず、物流や梱包にもその配慮を加えてきたことは以前にお伝えした通り。ライフスタイルシューズのサステナブル・ヴァージョンを積極的にリリースしている一方で、1秒を競うコンペティションシューズに再生素材や製法を取り入れることは、パフォーマンス面で技術的に難しいとされていました。

しかし、ナイキ ランニング シニア フットウェア プロダクト ディレクターのレイチェル・ブルは、アルファフライのサステナブル化に挑戦する意義を次のように語っています。

「大きなゴールを目指すために、最高のイノベーションを持つモデルからスタートしたかったのです。アルファフライはランニングエコノミーを高めることを追求した、ランニングシューズにおけるイノベーションをリードするシューズ。妥協することなく、サステナブルとイノベーションを両立させたかったのです」

“大きなゴール”が意味するものは、廃棄物ゼロ。このシューズ製作における学びが、他のランニングシューズやカテゴリーにも活かされていくということです。

ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト ネイチャー、ここがサステナブル

NIKEの炭素排出のうち70%が原材料に由来するということで、パターン効率を向上させ、切り落とした素材のリサイクル、既存の素材の改良などが加えられた結果、ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト ネイチャーでは、重量に占める再生素材比率50%以上を達成。ブランドにおいて最もサステナビリティ志向の高いパフォーマンスシューズに仕上がりました。

camp plus fishing

アウトソールに使用される再生素材のラバーの原料は、古いシューズから取られたゴム。シューズのパフォーマンスの核となるミッドソールには、重量的の70%を再生素材を使用していますが、これはズームXの廃棄素材とのこと。また、推進力を生み出すカーボンプレートに関しては製造過程で生じるスクラップを寄せ集めて新しく作ったそう。アッパーのフライニットの45%はペットボトルの再生糸を使用と、隅から隅まで再生素材へのこだわりが認められます。

camp plus fishing

採用されている素材の違いに加え、製法面では、アッパーにフライプリントを用いていることが、通常モデルとの大きな違い。素材の違いを、技術投入によりまとめあげ、パフォーマンスを担保したとのこと。また、ミッドソールにはズームXのかけらがあえて見えるデザインを採用。カラーリングもあまり染料を使わないようにしたことで、アルファフライの鮮やかなイメージとは少し異なった、落ち着いた佇まいがアイデンティティとなっています。

パフォーマンス、それが肝心だ

ライフスタイルシューズならともかく、アルファフライとなると何よりもパフォーマンスが気になるポイント。サステナブル化において、パフォーマンスを損なうことはNIKEとしても看過できないものです。そのためにはやはり技術的な要件が大きかったとブル氏は語ります。

「原材料の廃棄物を、強度を保って素材にすることは難しいものでした。製造プロセスの見直しやしっかりとしたリサイクルが問われましたが、適正量を図るのが難しかったのです。例えば、熱で接着をするフライプリントにおける、加工する際の熱の温度もそうです」

結果として生み出されたシューズは、通常モデルと遜色のないパフォーマンスを達成しているとブル氏は胸を張ります。「テスターには、単に『アルファフライの新しいモデル』と伝えてテストしてもらいました。推進感、エネルギーリターン、そして耐久性に優れていると言ってくれました。その後で、これはサステナブルモデルだと伝えたところ、大変喜んでいましたね」というエピソードも。

テストでは400マイル(640km)の走行をクリアしたとのことで、耐久性に自信をのぞかせています。一方で、フライプリントの採用などもあり、重量面では284gと通常モデルの235gより約50gの重量増となっています。トップレースでこれを履くアスリートが現れるか現段階では不明としつつも、すでにこれを練習で愛用しているアスリートもいるのだとか。レースシーンできらめきを放つナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト ネイチャーに注目したいところです。

最も速く、最もイノベーティブなシューズのパフォーマンスがサステナブル素材で達成されたことは、今後のハイエンドシューズマーケットにおいても大きなマイルストーンとなります。また、走ることで生き方を豊かにしている高感度なランナーにとっては、パフォーマンスシューズに地球環境に優しいという価値観が加わったことは何よりの朗報と言えるでしょう。

ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト ネイチャー
価格:¥38,500(税込)
10月15日よりNIKEのメンバーシップ限定で発売予定です。(※2021.9.15 18:35修正)

RECRUIT