fbpx

コペンハーゲン発のe-BIKE専業ブランドMATE. BIKE

MATE. BIKE(メイトバイク)は、2016年にデンマーク、コペンハーゲンの二人の姉弟によって設立されたe-BIKEブランド。交通渋滞や気候変動などの環境問題を危惧した二人が着目したのが、自転車。自転車を都市に住む人たちの交通手段として根付かせるため、e-BIKEをかっこよく、実践的にデザインしています。

2021年に日本に上陸し、世界初の旗艦店が東京・恵比寿にオープン。日本での展開はタフな環境でも走行可能で4インチの極太タイヤが特徴的なシグネチャーモデル、MATE Xのみでしたが、7月21日より、街中での使用に適したモデルMATE CITYが加わりました。

MATE CITY トゥルーブルー、ゴールデンオリーブ。この他、レガシーブラック、ショッキングピンクの4色展開。

都市向けモデル、MATE CITY

シグネチャーモデルであるMATE Xと同等の技術力をもたせつつ小型化。タイヤサイズは1.5インチで小回りが利き、また街中の駐輪場にも止めることができます。軽量で持ち運びもしやすく、小柄な女性でも扱いやすいコンパクトなボディが特徴。スタイリッシュなデザインも魅力的です。MATE CITYとともに発表されたMATE CITY+はよりバッテリー出力が高く、一度の充電で長い距離を走ることができます。

折りたたんだ際のサイズは高さ68cm、長さ90cm、幅40cm。

レバーを引くことで簡単に折り畳むことが可能。本体に直接充電することも、取り外したバッテリーに充電することもできるため、本体は駐輪場に止めたままバッテリーだけ屋内に運びたい集合住宅など、日本での暮らしにも適しています。

アシストレベルや速度、バッテリー残量などをディスプレイで確認することができる。気候変動問題解決を目指すMATE. BIKEならではの気温の表示も。

一度の充電での最大アシスト距離は、MATE CITYで最大80km、MATE CITY+では最大120km。MATEと一緒なら今までは自転車で行くことができなかった遠くへも安心して出かけることができるでしょう。

いざ、MATE CITYに試乗!

恵比寿のショールーム、MATE. BIKE TOKYO周辺を試乗。平坦な道だけでなく、坂道での走行も体験しました。

ペダルを漕ぎ出すとゆっくりと発進し、次第にググッとした力強いアシストが感じられます。普段ならなかなか登るのが大変な坂も、平地を漕いでいるような感覚でスイスイと進むことができました。坂の多い場所や、普段なら自転車移動を躊躇する長い距離でも、MATE CITYなら移動を楽しむことができそうです。

e-BIKEはこれからの定番の移動スタイルに

日本では自転車専用レーンの設置が少なかったり、交通ルールの周知が不十分だったり……自転車のための制度はまだまだ発展途上です。昨今の電動キックボードや電動アシスト自転車のシェアリングサービスなど、多様な移動手段の普及も追い風に、国内における自転車の社会的地位の向上に期待が高まります。

自転車がCO2排出量において環境に優しい移動手段であることは言うまでもありません。体力や駐輪、充電スペースなどへの懸念から自転車での移動を敬遠していた人も、スタイリッシュな折り畳み式のe-BIKEの登場で、自転車へのハードルが下がるのではないでしょうか。快適で、楽しく、サステナブルな移動手段を試してみませんか?

MATE CITY / MATE CITY+
モーター:250W
ディスクブレーキ:機械式
ギア:SHIMANO製7段変速ギア
速度上限:24.0 km/h
バッテリー:Samsung / Panasonic / LG
バッテリー出力:MATE CITY 36V 13H
MATE CITY+ 36V 17H
重量(バッテリーを含む):21.5 kg
サイズ:高さ108 cm,、長さ160 cm、幅57 cm (通常時)
高さ68cm、長さ90cm、幅40cm (折りたたみ時)
価格:MATE CITY ¥250,000+(税)
MATE CITY+ ¥290,000+(税)
製品ページ

MATE. BIKE TOKYO
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目25-7
TEL:03-6277-3987
営業時間:11:00〜18:00/ 不定休
公式サイト
mate-bike.jp/

MAIL