fbpx

新色は「ローディシアス」

NIKE(ナイキ)が白を基調にピンクブラスト、トータルオレンジ、ブライトクリムゾンを組み合わせた「ローディシアス」カラーコレクションを発表しました。「Rawdacious(ローディシアス)」とは「Raw(生の)」と「Audaciousness(大胆さ)」という2つの言葉を組み合わせたもの。Rawには生という意味だけでなく、加工されていない素朴なシンプルな意味合いもあり、それを白で表現し、テクノロジーが引き立つような色合いをアクセントカラーにしています。

ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% フライニット

新しいカラーコレクションやシューズデザインについて、NIKEグローバルシューズデザイナーのブレットとレイチェルが以下のように語ってくれています。

「シンプルな白をベースに、ズーム エアやカーボンファイバー製プレートなどのパーツを鮮やかな色合いにすることで、NIKEのテクノロジーを引き立たせています。鮮やかな色合いは、ポジティブさ、明るさのほか、シューズの軽さを表現しています。

スウッシュはナイキの歴史を感じさせるものにしています。内側のスウッシュは1972年のキャロラインがデザインしたオリジナルのナイキ スウッシュに似せています。外側のスウッシュは新しいデザインを表現し、歴史とモダンを表しています」(ブレット)

今回の「ローディシアス」カラー以外にも、マラソン界を席巻する厚底ランニングシューズ開発についても触れています。

「マラソン世界記録保持者であるエリウド・キプチョゲのマラソン2時間切りプロジェクトを行い、アスリートからフィードバックをもらいながらシューズを開発していく中で、厚底シューズに辿り着きました。アスリートは自らの限界に挑戦しています。アスリートの声を聞き、新たな素材や製法などを開発し、新しいテクノロジーを生み出すことで、私たちも限界を破ることに常に考えています」(レイチェル)

様々な陸上競技でNIKEのシューズに注目
ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%以外にも、様々な陸上シューズが「ローディシアス」カラーで展開されます。

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2
ナイキ エア ズーム ヴィクトリー 主に800mから10,000m競技のためにデザインされたスパイク。ナイキ ズームエックス フォーム、カーボン ファイバー プレートとナイキ エア ズームの組み合わせが採用されている。
ナイキ ズーム スーパーフライ エリート 2 主に100mから400m競技やハードル競技に最適なモデル。固めで軽いアウトソールが特徴。
ナイキ ズームエックス ドラゴンフライ 1500mから10,000m競技のほか、800mや障害物競走などにも適したモデル。ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%で培ったテクノロジーをスパイクに落とし込んでいる。
ナイキ エア ズーム マックスフライ 100Mから400Mの ハードルを含む競技に最適なスパイク。
ナイキ エア ズーム ロング ジャンプ エリート 走り幅跳び用にデザインされたスパイク。

数々のアスリートを支えてきたNIKEのシューズ。今年の夏はNIKEのテクノロジーが詰まったシューズを履いたアスリートの活躍に注目が集まりそうです。

「ローディシアス」カラーのコレクションは、7月11日(日)からNIKE.COMや一部NIKE取扱店で順次発売予定。

NIKE公式サイト
www.nike.com/jp

daiwa