fbpx

ASICS(アシックス)がNOVABLASTの最新モデル、NOVABLAST 2を発表。発売に先駆けて開催されたアシックス「NOVABLAST 2」ローンチイベントに参加しました。

心身ともに人々が健康になることを目指すASICS。NOVABLASTはランニングの楽しさを体感し、ランニングのある生活を多くの人に送ってもらいたいという願いから開発されています。

NOVABLASTはトランポリンから着想を得た履き心地が特徴で、前作は初心者からシリアスランナーまで多くの人に愛されるシューズとなりました。ASICSのフォーム材の中でも最も反発性を発揮するFLYTEFOAM BLASTを全面に採用し、加えてアウターソールの中央部分のくぼみが、トランポリンのように弾む感覚を生み出しています。

NOVABLAST 2は安定性が向上

前作のトランポリンのような反発性をはそのままに、今作では安定性が向上しています。主な変化は以下の3点。

①ミッドソールの形状が2レイヤー構造に
②パーツによって密度の異なるエンジニアードメッシュを採用
③タングウィング(アッパーの内側とシュータンが一体化)

ミッドソールは、素材の変形を促すために溝の方向や深さが調整され2レイヤー構造に。かかと部とつま先部の傾斜角度などを調整し、中足部内側の接地面積が広がったことで、足裏全体でしっかり接地しているような優れた安定性が期待できます。アッパーは部位によってメッシュ穴の大きさを調整することで、通気性と安定性が向上。さらにアッパー内側とシュータンが繋がった構造になったことで、フィット性がアップしています。

シリアスランナーもファンランナーも さまざまな人におすすめしたいシューズ

onyourmarkでもお馴染みのシリアスランナーでファッションランニングアドバイザーの牧野英明さんと、プライベートでランニングを楽しむモデル・ブランドディレクターの山賀琴子さんがランニングについて語りました。

「足を通してみると、まずはシューズの軽さに驚きました。トランポリンのような反発性から、履いていて楽しさを感じるシューズです」(山賀)

山賀琴子さん。社会人になり忙しくなるとランニングから遠ざかっていたが、コロナをきっかけに走り始めたという。

牧野さんにとって、前作のNOVABLASTは令和ベスト3に入るほどお気に入りのシューズ。踏み込んだ時の跳ね返りの良さが気に入っていると語ります。

「前作の良さを引き継ぎつつ、今作はソールがせり出している分安定性が増していると感じました。NOVABLASTシリーズは初心者ランナーの一足目としても、シリアスランナーのトレーニング用にも最適なシューズだと思います。反発性は長距離を走る時にももちろん役立ちますが、流し(ウィンドスプリント)をしてみたりスピードの強弱をつけるとソールの反発性をより感じられると思いますよ」(牧野)

牧野英明さん。ランニング時以外も常にランニングシューズを履いているほどのランニング、ランニングシューズ好き。

最後に、山賀さんは「私は普段、姉と一緒におしゃべりをしながらランニングをしています。ランニングに興味はあってもなかなか一歩目を踏み出せない人も多いと思いますが、無理をせず、楽しいと感じられる速さ、距離からランニングを始めてみて欲しいですね」と潜在ランナーへエールを送りました。

onyourmark編集部員もNOVABLAST 2を試走!

NOVABLAST 2を履いて、外苑前から表参道、代々木公園、国立競技場を回る5kmのコースを走りました。

「ウォーミングアップのストレッチで片足立ちをしても全くグラつかず、NOVABLAST 2の安定感に期待が高まります。いざ走り始めると、接地した瞬間にシューズが身体を押し上げてくれているような反発を感じました。階段をダッシュした際にはフワフワと弾み、まさにトランポリンに乗っているかのような感覚で、どこまでも遠くへ走っていけそうな気分に。試走会中には雨も降ってきましたが、濡れた路面でも滑らないグリップ力で安心して走ることができました。ウィメンズのキーカラーは落ち着いたサンダーブルーに淡いピンクのロゴがアクセント。コーディネートしやすいカラーで、ランニング時のファッションも楽しめそうです」

NOVABLAST 2は7月21日からアシックスオンラインストア、アシックス直営店各店、全国のスポーツ用品店などで順次発売されます。メーカー希望小売価格は17,600円(税込)。

NOVABLAST 2
製品ページ

Oakley