fbpx
足元を涼しげに保ちつつ、スポーツやアウトドアに欠かせない機能を搭載したサンダルを編集部で5つピックアップ。グリップ力やリカバリーなど高い機能性を備えたサンダルは、この夏のアクティビティをぐっと快適にしてくれるはず。実際に履いてみてのレビューを5アイテム分お届けします。

OOFOS(ウーフォス)/ OOriginal(ユニセックス)

スポーツやアクティビティだけでなく、ファッションシーンでも注目が集まるリカバリーサンダル。OOFOSの定番モデル、OOriginalをチェック。ふわふわとしたクッション性が最大の特徴。足に優しいだけでなく、ロッカー構造のソールが疲れた足もスイスイと前に進めてくれる。

「足入れしてまず感じるのは自然なフィット感。汗ばむとペタペタするのが少し気になるが、アッパーがどこかに当たることなく歩きやすい。弾むようなクッション性から、膝への優しさも感じ取れる。ランニングやトレーニング後の移動以外にもそのシンプルなデザインから、普段のちょっとしたお出かけや旅先でのリラックス用にもおすすめの一足」

こんな人にオススメ
・スポーツの前後に履くサンダルを探している
・普段着に合わせて街中でも履きたい

商品ページ
OOriginal(ユニセックス)
¥6,380


HOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)/ HOPARA(メンズ)

HOKA ONE ONEらしいデザインの本格アウトドア派のためのマウンテンサンダル。アッパーには切り込みが入っており通気性を確保しつつも、しっかりと足を固定。反発性とクッション性のあるミッドソールに加え、足を保護するラバートウキャップやグリップ力が高く滑りにくいアウトソールがさまざまな路面での動きを可能にしている。

「歩き出した時の感触はまさにホカ。クッション性が抜群でドローコードがついたアッパーもしっかりと足を固定してくれるので、まるでクリフトンを履いているような感覚だった。面積が広くしっかりとした作りのアッパーはプロテクションに優れているので、山でサンダルを履いてアクティビティを楽しみたい人も安心できるだろう。濡れた路面でのテストはしていないが、グリップ性のあるソールは土の上では全く問題がなく、朝のジョギングなど軽い運動時に履くこともできるだろう」

こんな人にオススメ
・シューズのような安定感が欲しい
・クッション性のあるサンダルを探している

商品ページ
HOPARA(メンズ)
¥ 16,500
※レディース、ユニセックスの展開あり

SALOMON(サロモン)/ SPEEDCROSS SANDAL(ユニセックス)

SALOMON定番のトレイルランニングシューズ、SPEEDCROSSをベースに開発されたサンダル。SPEED CROSSの特徴であるトラクションとプロテクションを受け継いでいる。SALOMONの高性能ソール、Contagrip® TDを採用し、安定性の低いトレイルでもしっかりとグリップ力を発揮してくれる。

「特徴的なソールを試したくて木の根が這う道を歩いてみたが、滑ることもなく、不安定な路面での安定感を覚えた。今回は天気の良い日のレビューとなったが、ぬかるんだ地面や川辺でも履いてみたいと思わせるほど。アッパー部分のオーソドックスでシンブルな作りは通気性が良く、サンダルならではの開放感を楽しめる反面、ハイキング用途とするには足の露出が多いため上級者向きだといえそうだ」

こんな人にオススメ
・悪走路でも履きたい
・アウトドア全般で活躍するサンダルが欲しい

商品ページ
SPEEDCROSS SANDAL(ユニセックス)
¥13,200

LUNA SANDALS(ルナサンダル)/ Venado 2.0(ユニセックス)

ベアフットのランニングサンダルとして有名なLUNA SANDALSはメキシコの山岳民族、タラウマラ族の伝統的なサンダルにインスピレーションを受けて生まれた。初期モデルのDNAを受け継ぐ最もベーシックなモデルであるVenado 2.0は路面に食いつく足裏感覚が特徴。Vibram社のソールが採用され、グリップ力にも期待できる。

「一見するとこれで本当に走れるのか不安になるソールの薄さ。いざ走ってみるとダイレクトに路面を感じながらも、意外と快適に走ることができた。足が慣れていない状態で長時間走るのは難しいが、慣れてしまえばサンダルで走る開放感が病みつきになりそうだ。そのミニマルな作りには、シンプルにランニングを楽しみたい人がLUNA SANDALSをチョイスすることが頷ける。このサンダルで10kmくらい走れるように足を作ってみたいな、と思った」

こんな人にオススメ
・ベアフットのランニングを楽しみたい
・サンダルならではの開放感が欲しい

商品ページ
Venado 2.0(ユニセックス)
¥11,000

Mizuno(ミズノ)/ SETTA C/6(メンズ)

奈良の雪駄メーカー「大和工房」とMizunoがコラボしたカーボンソール搭載の雪駄。インソール内部にMizunoの技術力の結晶であるカーボン繊維強化プラスチックを採用。アーチ形状のソールが独特の転がり感と弾性のある履き心地を実現している。フットベットは麻調織物で涼しげなデザインとなっている。ミッドソールは低反発発泡ウレタン、アウトソールはコルク材を使用。

「インパクトのある見た目がまず最初に飛び込んでくる。スポーツメーカーが雪駄をつくっていることに驚かされながらも、ロッカー形状かのようなソールの大きな反りにシューズメーカーの矜持がうかがえる。足を入れてみると、地面をダイレクトに感じつつもカーボンソールのしなりからか、かなり歩きやすい。踵の補強部分も歩行時の快適性に寄与しているようだ。フットベットもサラッとした素材で裸足の開放感、気持ちよさを感じられる。日本の伝統、雪駄を取り入れた夏の夕涼みに履きたいアイテムで、それでいてしっかりと足のことも考えているMizunoらしい逸品」

こんな人にオススメ
・他の人と被らない、ユニークなサンダルを履きたい
・夏にぴったりな涼しげなサンダルを探している

商品ページ
SETTA C/6(メンズ)
¥17,600
※レディース、ユニセックスの展開あり

左上から時計回りにMizuno、HOKA ONE ONE、SALOMON、OOFOS、LUNA SANDALS
MAIL