fbpx

ALTRA(アルトラ)といえば踵とつま先部分の高さが同じゼロドロップのシューズにより、「自然な走り」の実現を掲げるブランド。そしてブランドを代表し今も熱狂的な支持を集めるLONE PEAKは、トレイルランニングシューズ全体を見渡してもそのオリジナリティが際立っています。

今回発表された新作LONE PEAK ALPINEは、この名作トレランシューズをハイキング向けにアップデートしたもの。通常盤のLONE PEAKでもハイカーに履かれていたという状況を踏まえ、ALTRAがさらにハイキングに必要な機能を盛り込んで生まれたのが今作とのこと。ハイキング人口の増加に伴い、魅力的なハイキングシューズが増えることは好ましいことです。

関連記事:山も街も。つい普段履きしたくなるハイキングパンツ 注目5ブランドを一挙レビュー

トレイルランニングシューズで評価の高いフィーチャーはもちろんそのまま継続。ミッドソールには、ALTRA独自の気持ちのいいソフトな感触とエネルギリターンの増加を生み出すALTRA EGO™️を採用。また、アウトソールのパターンや足指部分が自然に広がるトゥボックスのフットシェイプ構造、踵とつま先部分が同じ高さのゼロドロップのバランスクッション構造はLONE PEAKを踏襲しているとのこと。

LONE PEAK ALPINE ¥19,800(税込) カラー展開/メンズ FOREST NIGHT(写真上)、BLACKの2色展開、ウィメンズ DARK GRAY(写真下)の1色

それでは何がハイキング向けなのでしょうか?

まずは、アウトソールの素材。ハイキングでは、運ぶ荷物の量や路面が違うため足元により安定性が求められます。LONE PEAK ALPINEは、アウトソールに耐久性に優れるデュラトレッド™️を採用。重い荷物を背負った際や岩場のハイクでも安定感のある足元を生み出しています。

さらにアッパーの素材もハイキング仕様にアップデートが加えられました。ヘンプキャンバス生地に全面を囲うスエード生地をプラス。アルプスなど岩稜帯に行っても信頼して歩ける耐久性を獲得しています。

また、街履きにも違和感のないデザインは下山後に街を移動するハイカーにとっては、嬉しいポイント。

ALTRAが誇るトレランシューズのDNAとゼロドロップの感覚を、ハイキングでも。多くの熱狂的なファンを生み出しているトレランシューズ同様、このシューズもハイカーの中にたくさんのファンが生まれそうです。LONE PEAK ALPINEは6月19日から全国のALTRA取扱店で発売されます。

MAIL