fbpx

Fastest Known Timeの略として特にトレイルランナーを中心に知られているFKTは、読んで字の如く特定のコースにおけるタイムを競い合うことを指します。

最近ではonyourmarkでも山本健一選手志村裕貴選手といったトレイルランナーたちのFKT挑戦をたびたびお伝えしてきました。

という状況からもわかる通り、FKTはトップアスリートたちのチャレンジという印象が強かったわけですが、この度、NEW BALANCEがより身近な場所=川沿いでFKTにチャレンジする“小さなレース”を画策。最初の舞台に東京・多摩川が選ばれました。

2019年の台風19号による記録的な大雨から2年が経ち、多くの人たちの努力と復旧作業によって子供たちやお年寄り、地元のランナーや大学陸上部、プロランナーまで、多様な人たちが戻ってきた多摩川。かの地の復興が進んでいる背景もあり、公益財団法人世田谷区スポーツ振興財団との共催により「TAMAGAWA FKT by Riverside Micro Race(タマガワ エフケーティー バイ リバーサイドマイクロレース)」という企画が生み出されました。

また、今回はオトナのタイムトライアル(OTT)とSTRAVAが協力。一般社団法人OTT代表理事で2019年のMGCに関する対談記事にも登場いただいた西本武司さんによると、数々のマラソン大会が中止される中で「ホームパーティーを主催するようにレースを作る=“マイクロレース”」を新たに提案するという側面もあるようです。

「今年も日本中で数多くのマラソン大会やイベントが中止や延期となっていくことでしょう。たとえ100個の大会が失われたとしても、新たに101個のマイクロレースが生まれたとしたら、その101個のレースが拠点となって、新たなムーブメントが起こりそうな予感がします。」(西本さん)

TAMAGAWA FKTは、多摩川の河川敷(二子玉川緑地運動場)における約1.6㎞=1マイルのコースで行うレースで開催期間中にコースを走り、自身でタイムを計測。走ったGPSデータがSTRAVAアプリ上で記録され、そのタイムを公開することでレースに参加したことになるというものです。

参加者のタイムはランキング形式で表示されるのでその結果は明確。もちろん最速記録を狙って挑戦するのもいいですし、友人やコミュニティでタイムを競い合ったり、自己ベストに挑戦するなど、様々なカタチで楽しむことができそうです。

何よりこれまでトップアスリートのものだったFKTに近所の河川敷で気軽にチャレンジできるということで、新しいランニングの価値観が浸透していくきっかけになるかもしれません。

また、この「TAMAGAWA FKT by Riverside Micro Race」を主催するNEW BALANCEから5月28日(金)にフルマラソンで世界記録を狙うエリートランナーに向けて進化したトップモデル「FuelCell RC Elite v2」も発売。

FuelCell RC Elite v2

FuelCell RC Elite v2

MRCELVB2 Men、WRCELVB2 Women 価格:28,600円(税込)

反発弾性を強化し進化したFuelCellミッドソールにカーボンファイバープレートを組み合わせることで、レース後半でも足が動く、助力効果に焦点を当ててアップデートしたこの最新シューズを履いてFKTに挑戦してみてはいかがでしょうか。

TAMAGAWA FKT(タマガワ・エフ・ケー・ティ)
開催期間:2021年5月16日(日)~6月14日(月) ※緊急事態宣言中は、施設利用に制限がある場合があります。
会場:二子玉川緑地運動場(タマガワ河川敷駐車場そば)
距離:約1.6㎞(1マイル)
主催:株式会社ニューバランスジャパン
共催:公益財団法人世田谷区スポーツ振興財団
協力:オトナのタイムトライアル(OTT)、STRAVA

Riverside Micro Raceスペシャルサイト
レースへの参加方法、レース誕生の背景、コース詳細等はこちらの特設サイトをごらんください。
nb-riverside-mr.jp/

STRAVA [TAMAGAWA FKT by Riverside Micro Race]
STRAVA内のイベントページです。アプリに登録しログインすると最新の参加者のタイムのランキングが分かります。
www.strava.com/challenges/newbalance-tamagawafkt

MAIL