fbpx

群雄割拠するスポーツブランド、特にランニングシューズの分野においてはそれぞれが独自の高い技術でせめぎ合いを繰り広げる中、この2社の取り組みには新次元への期待が高まっていました。

AdidasAllbirdsが気候変動に向き合うべくパートナーシップを結んだニュースは昨年5月の記事で報じましたが、いよいよそのコラボレーションによる第1弾ランニングシューズが発表されました。

FUTURECRAFT FOOTPRINT

その名も「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」

Adidasの最先端テクノロジーの粋を集めたプロジェクト「FUTURECRAFT」を冠したこのシューズを語る上で欠かせない大きなトピックス、それは一足あたりのカーボンフットプリントが2.94kg CO2e(二酸化炭素換算)*で両社にとってこれまでで最も低い値を実現していることです。

FUTURECRAFT FOOTPRINT

*カーボンフットプリントとは、 製品を作るために排出された kg CO2eのこと 。 あらゆる温室効果ガスの排出量をCO2の排出量に換算したもの。ちなみにadizero RC3の測定値(7.86 kg CO2e)と比較して63%削減を果たしている。

開発チームは大陸間の時差を越え、開発から納品までの作業をデジタルで行い、カーボンフットプリントを抑える開発プロセスを採用。プロダクトを築き上げる上で様々な要素を見直し、再構築しながら、共通のビジョンを追求したことで今回の結果が生み出されました。

FUTURECRAFT FOOTPRINT

両社のテクノロジーの融合が見られるのは、Adidasで人気のアディダスで人気のミッドソールLightstrikeをベースにしつつ、Allbirdsオールバーズのサトウキビを原料にしたSweetFoam ®で再構築されていること。これにより低炭素の天然素材の実装が実現しています。

また、新たに開発されたアッパー素材は70%のリサイクルポリエステルと木材パルプから作られた天然素材テンセルを30%使用。滑らかで軽量なアッパーはパフォーマンスを発揮しながら、カーボンフットプリントを大幅に削減することに成功しています。

スポーツとライフスタイルにおけるカーボンニュートラルな未来を加速させるために、妥協を許さない強力なタッグがこの結果をもたらしたことは間違いありません。

FUTURECRAFT FOOTPRINT

FUTURECRAFT.FOOTPRINTは、2021年5月21日午前9時に世界100足限定で、adiCLUB会員限定で抽選が行われる予定。2021年秋冬に10,000足限定で一般販売され、2022年春夏にはさらに拡大販売されるということなので、ぜひお見逃しなく。

rapha