fbpx

来る6月8日は世界海洋デー。それに合わせ、5月28日からアディダスがグローバル規模のサステナブルムーブメント「RUN FOR THE OCEANS」を開催します。

アディダスの取り組みとしておなじみになった感のあるRUN FOR THE OCEANSは、アディダスと海洋環境保護団体のPARLEY FOR THE OCEANSが2017年に開始した、海洋プラスチック汚染に対するサステナブルムーブメント。1km走るごとに1ドルが海洋教育活動団体に寄付する、という目的を掲げ、ランニングアプリを通してこれまでに総勢300万人以上のランナーが参加してきました。

今年は新たに走行距離1kmごとにプラスチックボトル10本相当の海洋プラスチックごみをアディダスとパーレイが回収するという内容となり、走った距離は「寄付」から「プラスチックごみの回収」に転換されることに。より実際的な活動へと繋がりました。

この取り組みには、青山学院大学の陸上部も参加を表明。計測期間中の練習やレースでの走行距離が全てRUN FOR THE OCEANSの走行距離としてカウントされるとのことです。彼らの走りは一体何本分のプラスチックボトルに相当するのか、気になります。

そのほか、日本ではアディダスグローバルアンバサダーのローラさんをはじめ、マラソンの岩出玲亜選手、カヌースラローム競技の羽根田卓也選手などのアディダス契約アスリートが参加しています。

アディダスでは海洋プラスチックをアップサイクルした「PARLEY OCEAN PLASTIC」を採用したシューズをこれまで3000万足以上発売してきた。ULTRABOOST21PRIMEBLUEではアッパーにこの素材を50%以上使用している。サイズ/24.0cm〜31.0cm 価格/24,200円(税込)

ランニングアプリを通して市民ランナーも気軽に参加できるこのムーブメント。世界中のランナーと一緒にスポーツを通じて、海洋プラスチック汚染問題へのアクションを起こすことのできる、またとない機会です。

【開催期間】
2021年5月28日(金)〜6月8日(火)

【参加方法】
アディダスランニングアプリStrava上にてチャレンジに参加

RUN FOR THE OCEANS特設サイト
adidas.jp/runfortheoceans

Oakley