fbpx
ボートというものを気軽に持ち運べるようにしたのが、パックラフトという乗り物。抜群に軽いとはいえ、歩き旅と組み合わせるためには数々のパッキングの工夫が必須だ。文字通りパックできるラフト(いかだ)を旅の一手段として取り入れているハイカーの根津貴央さんにTIPSの数々を聞いた。

いろいろ挟んでパッキング

パックラフト

根津さんが使っている挟むタイプのバックパック(背負子)は、様々なメーカーから出ている。通常のバックパックよりもパッキングの自由度が高いから、多少の荷物はみ出しもOK。ライフジャケットもドライバッグに着せるようにすれば内部に収納できるのだ。

エマージェンシー系は直接装着

パックラフト

川下りのエマージェンシーギアとして必携のナイフとスローロープ(水に浮く救助用ロープ)は、直接ライフジャケットに装着している。ナイフは水に巻かれたときに、体にロープなどが引っ掛かったときにすぐさま切断できるよう、サッと取り出せる位置に装着するのが重要。

他ギアとの兼ね合いも考慮する

パックラフト

バックラフトは空気を抜いてクルクルとロールすれば、かなりコンパクトになる。根津さんがバックパックの最下部に収納しているのは、他の荷物と組み合わせた時に一番収まりが良いから。持っていくギアや収納方法が変われば、位置も微妙に変化させる必要がある。

大きめドライバッグで小分けしすぎず

パックラフト

ギア類はキューベンファイバー製の大きめドライバッグにまとめて収納。通常のバックパックなら小分けしたほうがデッドスペースは減るが、サイドが開いている挟む系バックパックの場合は、小分けしすぎないよう注意。漕ぐときは、船体の前部に固定。

ブラブラするのは避けたいところ

パックラフト

ヘルメットやライフジャケットなどは、外付けにしている人も多いが、歩き旅を組み合わせたい根津さんの場合は、すべてをバックパック内に収納する。移動中にブラブラと揺れると、けっこうストレスだし、木の枝などに引っ掛かってしまう危険性も増えるからだ。

パドルは分割できるものを

パックラフト

もっとも収納しにくいのがパドル。使用時には背丈を超える長尺物だから、分割できるタイプを選ぶ。根津さんが使用する5ピースに分割できるタイプは珍しく、4ピースのパドルが主流。両サイドに差し込む形でパッキング。シャフトに巻いたタイベックシールはリペア用。

パックラフト
バックパックはグラナイトギアのRG VAPER FLATBED BARREL HARNESS。元々は樽(BARREL)を運ぶために開発された現代版背負子。

1.マットは寝る時以外にも使う。パックラフトのフロア保護のために漕いでいる時は下に敷く。
2.パドルは5ピースに分割できるのでコンパクトに収納可能。
3.キューベンファイバー素材の防水バッグ。
4.ホワイトウォーターの川下りではヘルメットも必須。
5.川下り中は基本的に焚き火で煮炊きするからグリラーだけでもOK。念のため小型のアルコールストーブも。
6.シュラフは掛け布団タイプのダウンキルトで小型・軽量化。
7.足先はネオプレンソックスとトレランシューズの組み合わせ。
8.寒い時期にやる場合は、完全防水のドライスーツも用意する。
9.ライフジャケットはアストラルという名門ブランドのもの。
10.緊急時に使うナイフは鞘から取り出しやすいものをチョイス。
11.救助時に使うスローロープと呼ばれる川下り必携ギア。
12.パックラフトはアルパカ社のクラシックというモデル。スプレーデッキが装着可能なタイプはホワイトウォーターにも向く。

PACKING FOR THE FIELD
Vol.01 一枚のジャケットに収まるテンカラ・ミニマルフィッシングスタイル
Vol.02 トレイルに日常を持ち込むスルーハイカーのパッキング・収納術
Vol.03 機動性を犠牲にしない、走り重視のバイクパッキング

根津貴央

根津貴央

TRAILS所属。2012年PCTをスルーハイク。2014年には全ネパールを踏査する「GHT Project」を仲間と共に立ち上げる。2016年からパックラフトにハマり、四国の黒尊川や釧路川源流部などで川旅を楽しんでいる。DIYキットでパックラフを自作した経験もあり。
thetrailsmag.com

mark11
『mark 13』は全国書店と、amazon楽天ブックス などのオンラインでご購入いただけます。また、『mark』のバックナンバー(01~012号)は、SHOP by onyourmarkからご購入が可能です。オリジナルグッズやバックナンバーも、ぜひ合わせてチェックしてみてください! オンライン販売 amazon

RECRUIT