fbpx

ランニングスポーツの普及を通じて、人々の健康増進と豊かな都市づくりに貢献することを目的とし、2010年6月30日に設立され東京マラソンを運営をはじめ、様々な社会貢献事業を展開する東京マラソン財団が新たな取り組みとしてランニングアプリを使用した『RUN as ONE – GLOBAL Virtual Run Series』をローンチしました。

年4回にわたるバーチャルランイベントを通して、世界中のランナーとランニングを楽しもうというもの。

12月26日(土)に開催される1st Challengeは11月11日(水)から24日(火)の期間に先着4,000名にて参加者の募集が行われます。

シリーズ1回目は、東京マラソン2022の出走権が合計50名様にプレゼントされるということで、毎回狭き門となる東京マラソンを走るための切符をこのイベントを通してゲットできるかもしれません。種目は10kmなので、ビギナーにも東京マラソンへチャレンジするいいきっかけになるのでは!?

なお、1st Challenge、2nd Challengeは日本国内のランナーのみが参加対象となるものの、3rd Challenge以降は世界各国のランナーが参加できるイベントとして開催されるとのこと。2回目以降のイベント詳細も随時発表されるので、お見逃しなく。

RUN as ONE – GLOBAL Virtual Run Series 2020/2021 1st Challenge

■開催日時
2020年12月26日(土) 7:00~17:00

■種目
10km

■コース
バーチャル大会のため、コースの指定はありません。

■定員
4,000名(先着)

■参加料
1,500円(税込)※決済方法はクレジットカードのみとなります。

■特典
RUN as ONE – Tokyo Marathon 2022(一般)出走権を完走者の中から抽選で50名に付与。
※当選者には後日、主催者よりご連絡いたします。

■エントリー期間
2020年11月11日(水)12:00から11月24日(火)17:00まで
※先着順、定員になり次第受付終了

■エントリー方法
TMF VIRTUAL RUNサイトページより
tmf-virtualrun.jp/

■参加資格
イベント当日満19歳以上

■記録申請
ASICS Runkeeper™(ランニングアプリ)
※エントリー完了後、アプリ登録していただきます。

◎関連記事
東京マラソン2020が示した日本マラソンの明るい未来
来た見た走った東京マラソン42.195km
たったひと月で変われる!? 「東京マラソン1ヶ月前からできる疲れない体作り」とは

MAIL