fbpx
アウトドアアクティビティにどんなギアを持ち込むかは、十人十色。ギアは多ければ多いほどいいかと言えばそうではなく、かといって少なすぎると命に関わることもある。様々なアクティビティに精通したパッキングの達人に、アウトドアに物を持ち込む際のコツと取捨選択のポイントを聞いた。第一回目は札幌に店舗を構えるSouth2 West8のクルーが伝授してくれたフィッシングジャケットのポケットを最大限活用する、テンカラ釣りのミニマルパッキング。

釣竿は胸元に、移動を迅速に

PACKING FOR THE FIELD
South2 West8のリバートレックジャケットは3レイヤーの完全防水ジャケット。冬の釣りにおける防寒着としても着用するが、テンカラ釣りに特化したポケットの配置がギア収納としても機能する。

PACKING FOR THE FIELD
リバートレックジャケットの外胸ポケットはテンカラ釣竿の収納のための設定。テンカラは釣りをしていてもすぐに仕掛けを畳めるので、別のポイントへと川を遡る移動時にもさっと収納し動くことができる。リールを用いず延べ竿で行うテンカラ釣りの機動性を妨げない、ジャケット収納というスタイルだ。川幅の違う釣り場に対応するため長さ別に釣竿は2本使用するため、ポケットも釣竿2本分。

ランヤードかショルダーバッグか

PACKING FOR THE FIELD

ふんだんにとられたジャケットのポケットで収納自体は事足りるが、針外しのプライヤーや、ラインカッターなどの使用頻度の高い釣り道具はランヤードと呼ばれるネックレスで首から下げる。あるいはショルダーバッグですっと手の届くところに配し、取り出しやすさを重視。このあたりは、South2 West8のクルーも、好みでチョイスしていた。

PACKING FOR THE FIELD
雪深い川に分け入り、50cmを超える大型の魚と対峙するために装備を可能なまで簡略化した北海道のテンカラスタイル。この地の季節と気候を知り尽くしたエキスパートは、持ち込むギアを絞り込んで軽快に機動力を得ることで釣れるチャンスを広げる。全てのピースがはまると、冬の厳しいコンディションでも至福の一尾を手にすることができる。
PACKING FOR THE FIELD
テンカラ釣りのパッキング解説
01 離れた仲間と連絡をとるためのトランシーバー。
02 South2 West8がネットブランドWISE CUSTOMとコラボしたランディングネットはジャケット背面にマグネットで接続。
03 頻繁に取り出すものはランヤードに直接つないで首からかけることも。
04 釣竿はSouth2 West8が東京の老舗、櫻井釣漁具に別注したテンカラロッド。川幅に応じて長さを使い分ける。
05 毛針は自作のものも多数。コンディションによって使い分けるところは、「毛針はなんでもよい」という伝統的なテンカラ釣りよりも魚の食性に合わせるフライフィッシング的なアプローチをとっている。
06 カラビナにホイッスル、ラインカッター、フォーセップをつなぎジャケットに装着する。

South2 West8
リバートレックジャケットなどの釣りをテーマにしたアパレルコレクションに加え、別注の釣り道具も並ぶ札幌の路面店。店舗スタッフもみなこの地の釣りに精通。ブランドの名は、この場所の住所にちなんでいる。

〒060-0062北海道札幌市中央区南2条西8丁目2-1
TEL : 011-280-7577
south2west8.com

mark11
『mark 13』は全国書店と、amazon楽天ブックス などのオンラインでご購入いただけます。また、『mark』のバックナンバー(01~012号)は、SHOP by onyourmarkからご購入が可能です。オリジナルグッズやバックナンバーも、ぜひ合わせてチェックしてみてください! オンライン販売 amazon

RECRUIT