fbpx

皆さん、漆黒のランニングシューズへの憧れってないですか? 足元を黒く光らせる、クールなブラックシューズって初心者ランナーからサブ3ランナーまで広く、憧憬の眼差しで見てるんじゃないでしょうか。

発色の良いカラフルなシューズが主流となる中、アッパーからソールまで真っ黒に塗られたランニングシューズというのは、ある種、異端やアウトロー的な印象がありつつ、実はランニングをライフスタイルに組み込みやすくしてくれる便利かつハイファッションな側面があったりします。

ということで今回はこの冬に履きこなしたい漆黒のランニングシューズを4足ピックアップ。通勤やショッピングといった日常生活とランニングの時間をシームレスに繋いでくれること必至のアイテムをご紹介します。

NIKE PEGASUS TRAIL 2 GORE-TEX

ナイキ ペガサス トレイル 2 GORE-TEX

NIKEのトレイルランニングシューズは今年アップデートされた新モデルが続々登場していますが、これはその最新モデル「ペガサス トレイル 2」のGORE-TEX版。アッパーにフィット感や履き心地を損なうことなく優れた防水性を発揮するGORE-TEX Invisible Fitテクノロジーを搭載しているので、泥まみれのトレイルはもちろん、雨や雪で濡れた路面を走っても足を快適な状態にキープしてくれそう。Nike Reactフォームやラバーアウトソールによるクッショニングなど、機能が十分なのはもちろんですが、何よりその見た目の美しさがズバ抜けてます。ハイブランドとの組み合わせにも耐えうるスタイリッシュな面持ち。かかと部分のスウォッシュやソールのNIKE TRAILロゴがリフレクションになっている細かな芸当もたまりません。

ナイキ ペガサス トレイル 2 GORE-TEX

NIKE PEGASUS TRAIL 2 GORE-TEX製品ページ
※11/16 9AM 販売開始予定

On Cloud All Black

On Cloud All Black

Onといえば、その機能性もさることながら、ランニングシューズらしからぬ淡い色合いに気品も漂い、スポーツシーンのみならず、普段履きしている人を多く見かけます。そんなOnのラインナップの中でもベストセラーシューズであるCloudはまさに日常使いの定番モデル。アッパーもソールも真っ黒なAll Blackは他のメーカーの色味よりもより漆黒度を増しているような暗黒っぷりで、Onのシューズの中でも異彩を放っていますが、まさにブラックシューズの鑑と言えそうです。

On Cloud All Black製品ページ

Allbirds Tree Dashers Eclipse (Black Sole)

Allbirds Tree Dashers

onyourmarkでも5月に取り上げたサステナブルなシューズ作りとブランディングで知られるAllbirds初のランニングシューズ、Tree Dashers。ある意味、2020年を代表するようなプロダクトとも言えるこのランニングシューズもそのミニマルなルックスから、日常生活にばっちり溶け込んでくれる一足。特にブラックソールのEclipseは日食や月食を表すその名の通り、神々しさすら漂う佇まいで、ビジネスカジュアルでも履きこなすことができそう。ユーカリの繊維やサトウキビから作られているこのシューズ。スタイリッシュで環境にも配慮できるとあれば、それは選ぶ理由になります。

Men’s Tree Dashers Eclipse製品ページ
Women’s Tree Dashers Eclipse製品ページ

HOKA ONE ONE CLIFTON 7

HOKA ONE ONE CLIFTON 7

HOKA ONE ONEのシューズをファッションシーンでも見かけるようになったここ数年。ホカならではのクッション性は日常の動きの中でも優れたサポート力を発揮するだけでなく、他のブランドとは一線を画する洗練さとフューチャリスティックさを醸すルックスで“走らない人”にも広く受けたことが想像できます。クリフトンシリーズの7代目CLIFTON 7は流線型のシルエットとメッシュ素材のアッパーがまさに近未来を感じさせ、特にオールブラックなこちらはSF映画にでもでてきそうですが、同時に都市を闊歩し、時に疾走するストーリーも演出してくれるでしょう。

Men’s HOKA ONE ONE CLIFTON 7 製品ページ

MAIL