fbpx

新型コロナウイルスの影響で自宅生活を余儀なくされているみなさんに向けて、onyourmarkでは #stayhomestayfit のハッシュタグで、お家に居ながらも体力維持をするための情報を積極的に提供しています(STAY HOME, STAY FIT お家でFIT宣言)。

そこで今回は、こどもの頃に親しんだ「なわとび」に注目!思い起こせば、小学生ながら高度な技を連発する友達に憧れたものです。いま思えば、すごく効率的な有酸素運動だったと思いませんか?1日10分の「なわとび」は、30分のジョギングと同じ効果があるという
ハーバード大学の研究結果もあるようです。

また、ジャンプすることは筋力を使うことはもちろん、骨粗鬆症対策としても効果的。骨は衝撃を与えることで作られるんだそうです。

短時間で狭い空間でも効果的に鍛えることができる「なわとび」、#stayhomestayfit には最強のツールです。安価でどこでも手軽にできる「なわとび」ですが、最近はデジタル化してモチベーションを上げてくれる製品も出ているのでご紹介します。

狭い場所でも!「エア縄跳び」

別にエアギターみたいに、なわとびがあるつもりでジャンプしましょうといわけではありません。「エア縄跳び」は、ハンドル部分に重りをつけて、ロープの代わりにできる優れもの。家の中で使っても、家具に引っ掛けてしまったりという心配がありません。しかもデータも取れるためモチーベーションもアップ。以下の項目が測定可能です。

・Wー体重(20~120kg) 体重データを初回設定し、データ記憶機能付きます。
・Tー時間(1~60min) 時間を記録します。
・Lーカウント(0~9999回数) 縄跳びの回数を記録します。
・Cーカロリー(0~999) 消費カロリーを記録します。

価格:1,339円
Amazon販売ページ

スマホ連動でログ管理「Smart Rope ROOKIE」


さらに最近では、スマホと連動できる優れものの「なわとび」も発売されています。1月に発売になったばかりの「Smart Rope ROOKIE」は、こんな特徴を備えています。

・アプリと連携して消費カロリーやトレーニングの達成状況を確認。
・世界中のユーザーや友達とスコアを競い合ってモチベーションを維持。
・運動が楽しくなる魅力的なカラーバリエーション。

ロープの長さは自由に調整可能

SmartRope ROOKIEは簡単に調整可能。体型に合わせて調節するのはもちろん、長さによって難易度が変わるので、いろいろ挑戦しがいがありそう。

運動管理をサポート SmartRopeアプリ

SmartRopeはアプリと連動することで、ジャンプトレーニングを支援するさまざまな機能を提供しています。

主な機能は以下の通り。なかなか充実しています。

・ベーシック・カウント
SmartRopeの最も基本的なモード。アプリ接続中に縄跳びをすると、自動的にカウントが開始。ベーシック・カウントは、ジャンプ回数、カロリー消費、運動時間、および目標の達成度合いを示します。

・インターバル・トレーニング
運動とリラクゼーションを交互に行うモード。簡単なステップから難しいステージまで、自分に合った強さを選択して徐々に強めることができます。

・リーダーボード
世界中のSmartRopeユーザーの間で、毎日/毎週/全体のランキング

・ヒストリー
毎日の運動を記録し、グラフ化。月次/年次のグラフを確認して、毎日の目標を達成したかどうかを確認できます。

・コンペ
SmartRopeを使用する友人と競うことが可能。ソーシャルディスタンスを保ちながら友達と一緒に運動できます。

¥5,700
株式会社GlotureのECサイト「GLOTURE.JP」にて購入可能

ログ管理で習慣化を

ランナーやサイクリストはログ管理があたりまえで、成果を残せないとモチベーションが維持できないという一面がありますよね。「なわとび」でこうしたログができるなら習慣化できそう。こうしたツールをうまくつかって、#stayhomestayfit の時期を乗り越えましょう!

mark 13 NOW ON SALE