fbpx
ロードバイク、クロスバイク、MTB、ピスト……家に乗らなくなった自転車があったら、それは今、体を動かすチャンス。ローラー台を使った自宅サイクリングで #stayhome しながらも運動してみませんか?

新型コロナウイルスの流行により、思うように外で体を動かしづらいこの頃。onyourmarkではSTAY HOME, STAY FIT お家でフィット宣言と題して、自宅でできるエクササイズを取り上げています。今回は、自宅で出来るサイクリング。普段はランニングやジムなど、サイクリストではない方にこそオススメの自宅サイクリングをご紹介します。

2012年から2014年にかけて、日本ではスポーツバイクのブームがやってきました。onyourmark読者の中には、その頃に自転車を買われた方も多いのではないでしょうか。2013年に始まったonyourmarkの人気連載、市井のフィットネス愛好家をピックアップするMARK PEOPLEにも多くのサイクリストを紹介してきました。とはいえ、いち自転車乗りの肌感覚として、ここ数年はイベントやレースなどに一時の人出や元気がないと感じるのも事実。一度買った自転車、家の隅でホコリをかぶってはいないでしょうか? 

でもその自転車に、このタイミングだからこそもう一度乗ってみませんか? 外ではなく、家の中で乗る方法があります。そして、(ジムのエアロバイクに乗ったことのある人ならご存知の通り)自転車はかなりいい運動になります。室内で安全に、フィットネスを楽しむ自宅サイクリングを始めてみませんか? 街乗り用のピストバイクやクロスバイクも、あなたの健康とメンタルを向上させる最高のツールになってくれます。

サイクリングは自宅でできる!

自宅サイクリングをするにあたって、必要なものは次の通り。たった2つだけです。

・スポーツタイプの自転車
・ローラー台

もし自転車をすでに持っているなら、「ローラー台」を購入するだけで自宅サイクリングが始められます。ローラー台とは、自転車を固定するトレーニング器具。ホームトレーナーやターボトレーナーとも言われます。いろんな種類やグレードがありますが、今回オススメするのは「固定ローラー」と呼ばれる後輪接地型のエントリーグレード。多くのスポーツバイクに装着が可能で、負荷調整が手動でできます。

eccentric_training
多くのスポーツバイクで使用可能なミノウラ 〈MagRide-Q〉

例えばローラー台を数多く手がけるミノウラのエントリーモデル〈MagRide-Q〉。定価は17,160円(税込)。自転車の後輪を挟み込んで、ローラー部とタイヤを触れるようにセットすればOK。これだけで、あなたの自転車が家で乗れるようになります。さぁレッツライド! ……してみるとわかるのですが、ローラーで自転車に乗る上では、もう少し揃えた方が快適になるグッズがあります。いくつかはすでに家にあるはず。

・ハンドタオル
・ヘッドバンドないしキャップ
・ウォーターボトル
・マット

とにかく、ローラー台でのサイクリングは汗をかきます。外を走る時には風を受けているため感じにくいですが、サイクリングでは相当の水分を消費し、発汗しています。室内で乗っていると、10分もすれば汗がぽたぽたとバイクに、そして床に落ちてくるはず。なので、ハンドタオルで汗を拭きながら走れるよう、自転車の上から手の届く範囲にタオルを置いておきます。ハンドルに引っ掛けておく、肩にかける、あたりが定番です。同じ理由で、ウォーターボトルも手の届くところに置くこと。ボトルケージ付きのバイクなら自転車に、そうでなければテーブルや窓べりなど、高さのあるところに飲める水分を置いておきましょう。ヘッドバンドやキャップは汗を吸ってくれるのであると便利。

マットもすぐに必要さを感じるかもしれません。上で紹介した〈MagRide-Q〉は負荷が低いため、ミノウラ製品中発生する音量が「最も小さい」というメリットがありますが、一般に後輪接地型のローラー台はそれなりに騒音と振動が発生します。それを軽減してくれるのがマットです。集合住宅にお住まいなら近隣との関係もありますし、そうでなくても汗が直接フローリングに落ちて傷めるのを防ぐ効果も。専用品でなくても、ゴムマットをホームセンターなどで探してみても良いかもしれません。

次のページ 自宅サイクリングのメニュー、まずは20分から