fbpx

Circlesのアヤです。先日はスイス・チューリュヒで行われた2020 シクロクロス世界選手権に日本代表の一員として戦ってきました。どんな競技であれ大きな舞台で戦うアスリートたちの姿勢や心の強さは並大抵ではありません。世界一となれるのはただ一人、国を背負って戦うプレッシャーなどありとあらゆる重圧を跳ねのけ勝ち取った姿はとても美しく見えました。

MARK GEAR by Circles
Photo by: Tanabe Nobuhiko

”世界を知る”。結果よりも今回の肌で感じた経験こそが次へのステップ、モチベーション、そして目標へと自分自身を奮い立たせてるのではないかと思います。何があっても情熱を持ち続け、目標に向かって諦めず進み続けた人しか知る得ることできない世界があるのではないでしょうか。

MARK GEAR by Circles

さて、今年の冬は暖かい日が続き、もうすぐそこには春の気配を感じます。そして、春の香りともにやってきたのは特にこれからの時期に多くの方が悩まれている花粉ではないでしょうか。

私も10年以上に渡って毎年悩まされてきた花粉症ですが、皆さんはどんな対策をしていますか?

目の痒みやくしゃみに耐えながらもやはり自転車で走りに行ってしまうのですが、山へいくと飛んでいる花粉を目視で確認出来るほど花粉を浴びながら走っていることを思うと、少しでも回避する方法はないだろうかと考えていました。

そんな中、ちょうど世界選手権に出るために用意した SmithOptics / スミスオプティクス の Wildcat / ワイルドキャット が、そんな悩みを解消してくれそうなほどしっかりと顔にフィットしてくれました。

MARK GEAR by Circles
Photo by: Tanabe Nobuhiko

サイクリングにおいて、目から取り込む情報というのは最も重要な要素となり、目に対して何らかの悪い影響があるということは走る上でもストレスの原因となってしまいます。

サングラスをすることで、風による乾燥や、紫外線や虫、タイヤで跳ね上げられたほこりや砂、石、泥などさまざまなリスクから目を守り、さらに視界をクリアにするために1年を通して必要になるものです。

MARK GEAR by Circles

サークルズでは自転車用のヘルメットやアイウェアを扱っておりますが、その中でもSmithOptics / スミスオプティクスは常に革新的な機能とデザイン性を備えていることから、多くの方から大変ご好評いただいております。

これまでもNetwork / ネットワークやSession / セッションのヘルメット、そしてSnare / スネアのアイウェアなど人気のアイテムをご紹介してきましたが、今回は昨年発売されてから非常に人気の高いWildcat / ワイルドキャットにスポットを当ててご紹介します。

MARK GEAR by Circles

ご存知の方も多いとは思いますが、元々スミスはスキー用のゴーグル ブランドとして立ち上がり、設立当社から今尚そのシーンを牽引し続け、アイウェアは彼らが1番の得意する分野なのです。

MARK GEAR by Circles

最近では、自転車用のサングラスも大きなレンズを採用したモデルが流行しております。

その中でもワイルドキャットはスキー用のゴーグルからインスパイアされた大きなレンズを備えたサングラスとなっており、その形状は風の巻き込みを抑えるのと同時に通気性を損なわないように設計されています。

それに加え、隙間からの光の差し込みも少なく、フレームも視界に入りにくいためとても広い視界を確保することができます。

MARK GEAR by Circles
二段階のノーズパッドで鼻の高さに合わせ調整可能
若干緩やかなレンズのカーブと、鼻の高さに合わせ調整可能な二段階のノーズパッドによってしっかりと鼻にフィットし、サングラスが頰に当たってしまうということも起こりにくくなっています。

MARK GEAR by Circles
付属のクリアレンズにもすぐに交換可能な軽量フレーム
フレームは、軽量で弾力性と耐衝撃性に優れるTR90とゴーグルなどに使用される伸縮自在のTPUを組み合わせて作られています。 そのため耳にかけた時のストレスも少なく、なおかつレンズ交換も簡単に行うことができます。

MARK GEAR by Circles

また、レンズ交換や破損がないように安心して持ち運ぶことがハードケース付きは嬉しいポイントで、私も遠征時にとても重宝しております。

MARK GEAR by Circles

気になるカラーは全部で6色展開で、サークルズでは特に人気のカラーをチョイスしておりますが、お取り寄せも可能となっておりますので、気になる方はぜひお気軽にお問い合わせください。

MARK GEAR by Circles

私自身もヘルメットはネットワーク、サングラスのスネアは普段遣いから街乗り、ワイルドキャットはしっかり走りに行きたいときやレース時などシーンに応じて使い分けながら愛用しております。自転車をはじめとする様々なアウトドアアクティビティにおいて、その機能性を発揮するワイルドキャット。これからの暖かくなるシーズンに向けて新調してみてはいかがでしょうか。

商品ページ:SMITH OPTICS Wildcat
SMITH OPTICS Wildcat

Circles(サークルズ)
住所 〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田4-14-20
TEL 052-331-3232
営業時間 10:00~20:00(月~土) 12:00~19:00(日・祝)
定休日 木曜日 http://circles-jp.com/

最新情報
シクロクロス世界戦にカメラマンとして足を運んだNobuhiko Tanabe氏と私赤松による世界選手権報告会を兼ねたトークショーの様子をサークルズのYoutubeチャンネルでご覧いただけます!

MONTHLY ISSUE Aug. 扉の向こうはアウトドア - OUTDOORNEARYOU