fbpx

ジェニファー 実業団だとSNSに厳しいとかもあるんですかね?

桃澤 確かに、実業団選手でアカウントを持っている人でも、結果報告しかしていけない、って聞いたこともありますね。それと比べると、青学の選手は、こういう情報が求められているっていうのが、無意識に分かっていますよね。大学の時から発信しているから。

ジェニファー 海外の選手、エマ・コバーンとかは、けっこうプライベートなこととか、面白いことを載せるから親しみやすいですよ。それで、もっとファンとか応援が増えると思うんですけどね。岩出さんも、そういうので、身近に感じますね。

桃澤 日本の陸上って露出がダメ。それこそ、レースでガッツポーズすると怒られたりするんですよ。地元の大会で優勝してガッツポーズしたら、「何喜んでいるんだ、こんな小さい大会で喜んでいる場合じゃないだろ」って言われたことが…。他の大会でガッツポーズしても、「他の選手にリスペクトがない」なんて言われたこともあります。

ジェニファー 1位になったら、ガッツポーズをしていいと思うんですけど。

OYM──走ることで自己表現をするなら、もっと発信力がある人が増えてもいい気がしますね。特に女子選手。

ジェニファー そう。だから、岩出選手のことしか知らないってなっちゃう。

西本 それと、世界大会に行って思うのは、真夏のレースでも日本の女子選手はランシャツ・ランパンが多いんですよね。海外の選手は、セパレートなのに……。

ジェニファー 私も、大学の時には、そういう格好に憧れていた! せっかくコアを鍛えたんだから見せたいじゃないですか。プロなら、なおさら隠すこともないですよね。

桃澤 夏のレースは、そのほうが絶対に有利なはず。風通しも良くなるし。

ジェニファー ショーツなんてありえないですよね。大学では、スパッツとかだったし。やっぱり日本の習慣なのか、スポーツブラで走ったりしないじゃないですか。そういうイメージがある。私は、織田フィールドでスポーツブラで走ったりするけど。

桃澤 男でも、シャツを出していると、めちゃ怒られたりするんですよね。スパッツを履いて、シャツを出していたら、めっちゃ怒られるんですよ。高校生に悪い影響与えるとかで…。

ジェニファー タックインすると、熱がこもるのに…。

桃澤 そうそう、そのスタイルをやり始めたら、めちゃくちゃ涼しいんですよ。風がお腹のなかを通ると、全然違う。

西本 オリンピックを機にそういうところから変わってほしいな。

桃澤 かっこよさを求めてほしい。大迫選手の真似したいって言う人も多いと思うし。

西本 こうやって、オリンピックやMGCの選手がバンとやることで、街の景色も変わりますよ。

ジェニファー 自分のファッションを出してほしいかな。

桃澤 中学生や高校生が「いいな」って思えるような、かっこいいなって思うような格好で走ってほしい。今、中学生に話を聞くと、オレゴン・プロジェクトのユニフォームがかっこいいって言いますね。高校のチームだと学法石川高(福島)がかっこいい。

ジェニファー 私もOTC(=オレゴントラッククラブ。オレゴン大学陸上チーム)のを持っていましたよ。ロゴとかかっこよかったから。せっかくプロなんだから、憧れられるようになるのはすごくいいと思う。日常生活はなかなかSNSなどで出せないのかもしれないけど、レースで、かっこいい色のウェアを着たり、なんだろう…楽しんでほしいかな。

西本 タトゥーとか入れたりね(笑)

ジェニファー オリンピックのマークを入れるのも有名ですよね。

桃澤 もっとストーリーも伝わると思う。

ジェニファー 日本人は誰も入れていないのかな…。別に見えるところじゃなくてもいい。

桃澤 いっそのこと、誰かがやって議論を巻き起こしてほしいですね。まあ、タトゥーはともかく、リクルートスーツと一緒で、同じ人たちが走っているように見えますよね。外人選手はもうちょっとキャラがある。ネックレスなんかも、いまだにダメなところもある。

MGCで上京する桃澤選手、でも観るのはホテルで!?

OYM──ところで、皆さんは、MGC当日は、どのように観戦するんですか?

桃澤 僕はテレビですね。雰囲気は味わいたいので東京には来ますが、ホテルで一人で見たいと思います。自分は井上に勝つことが目標ですが、現地で応援しちゃったら、井上のファンになってしまいそうなので、コース上では応援しないって決めているんです。

西本 路上に出たら、たぶん応援しちゃう。

桃澤 はい、絶対にしちゃうんで。

西本 応援しろよ(笑)

ジェニファー 喜ぶと思いますよ!

桃澤 俺以外には負けてほしくないな。俺が勝った時に、俺にハクがつくから(笑)

OYM──もうホテルも予約済み?

桃澤 はい。コースに近いところにとりました。

ジェニファー バーとかじゃなくて、ホテルで見るんですか?

桃澤 ホテルで一人で見ます。一人で見るのが大事なんですよ。

西本 同級生とかは、井上選手の応援に行くんじゃないの?でも、ゴールする頃にチェックアウトの時間が……。

桃澤 チェックアウトの時間を延ばします!

OYM──ジェニファーさんは?

ジェニファー 私もテレビで見ようと思っています。朝早いじゃないですか。それに、コース上だと一瞬じゃないですか。やっぱりテレビで見たほうが、何が起きているかが分かるから。トラックだったら、“このスピード、すごい”ってなるんですけど、マラソンはテレビのほうがいいのかな。でも、男子も女子もってなると、どうやって見たらいいのかな……。

OYM──今回のこの企画でけっこう選手も覚えたのでは。

ジェニファー 本当ですね。バックグラウンドをいろいろ教わりましたね。

西本 2人がテレビで続いたので、あえて“現地”と言いたい。これはスタートを見るべきなんです。厳密にいうと、スタートそのものは見られなくてもいい。スタート2時間前にいることが最高なんです。

ジェニファー じゃあ、行ってみようかな。

西本 僕と桃澤君が初めてあったのもスタート前なんですよ。箱根駅伝6区のスタートは朝8時なんですが、僕は6時に行ったんです。そしたら、彼がアップをしていたんです。彼のアップが少し変わっていたんです。普通の人は速いペースでジョグしているんですけど、彼は、6区の下りはかなり速いペースで脚を回すことになるんですが、他の選手の倍速のような超ハイピッチで走っていたんです。僕らはそれを見て勝手に“桃ダッシュ”って名付けたんです。スタート前の様子を見ると、彼らがどういう意気込みで臨むか、その表情とか空気とか、緊張感が味わえるんです。それはテレビや新聞では教えてくれない。

markを読んでいる人たちは、走れる脚があるでしょう。都内に住んでいるなら、早朝に家から新国立まで走って行くのがオススメ。なんかざわざわしている。そのムードは東京に住んでいる人しか味わえない。おそらく、ゴール後も会場周辺では号外が配られると思いますよ。

ジェニファー すぐ出るんですか?

西本 うん、それをもらって帰る。レースはどっかでテレビとかワンセグで見ればいい。でも、スタート前の緊張感、ゴール後の余韻がいいんです。

OYM──レース中は、いろいろ回るんですか?

西本 まだ決めてませんが、前日にコースをみながら、最終的に決めようと思っています。スタートラインに並ぶ選手を観るだけで、ぐっとくることでしょう。箱根駅伝もそうだけど、MGCもスタート前がたまらないのは確か。走れる脚をもっている“あなた”は、新国立競技場の辺りをジョグしていると、あなただけのMGCを味わうことができるかもしれません。

話題の尽きない対談は、ひとまずここまでです。そしてMGC後の9月17日(火)に、代官山蔦屋書店にて、この3名が登場する公開座談会『2020年の東京と、その先に続くレース』の開催が決定! レースを受けて、来たる五輪への展望などますます話が盛り上がること必至の座談会にぜひお越しください。詳細はこちら

MGC直前座談会 コース、選手、ストーリー、MGCの見方と楽しみ方をとことん語ります<前編>

1 2 3 4

mark 12発売記念公開座談会『2020年の東京と、その先に続くレース』9/17に代官山蔦屋で開催!
mark12にご出演いただいた、この3名による公開座談会が決定!MGCの振り返り、来たる2020年のオリンピックに向けての展望、そして走ることの意義について語っていただきます。このページで今ご覧いただいているような、尽きることのなく語られる3者のマラソン・陸上愛とその化学反応を、ぜひライブで。詳細はこちら

mark 12 発売記念公開座談会『2020年の東京と、その先に続くレース』
日時:2019年9月17日(火)19:30~21:00
出演:Jennifer(モデル)、桃澤大祐(ランナー)、西本武司(EKIDEN NEWS)
参加費:1000円(雑誌なし)、1500円(mark新刊12号付き)
お申し込みはお電話にて:03-3770-2525(蔦屋書店)

zadankai

mark 12 オンライン販売 amazon

MAIL