fbpx
Tokai Univ training camp in Arizona, USA

2019年1月、箱根路をどこよりも速く駆け抜けた東海大学の快走は記憶に新しい。個々の選手の高いパフォーマンスは大会新記録を樹立する圧倒的なものだった。その強さの根源にあるものは何なのか。栄光の睦月から春へと季節が変わりゆく頃、東海大学陸上競技部中・長距離ブロックの選手たちはアメリカ・アリゾナ州にいた。高地フラッグスタッフでトレーニングに励む選手たち、そしてコーチ陣を追いかけると、そこに強さの糸口が垣間見えた。ただ走るだけではない、強いランナーを生み出すトレーニング。そのキーワードは、フリーウェイトだ。

(写真 Justin Britton / 文 小俣雄風太)

Tokai Univ training camp in Arizona, USA

箱根駅伝で1 区を走った鬼塚翔太。1年次から箱根駅伝を走り1区で区間2位、2年次には3区で2位。3年生となった2019年は高速な展開となった1区を8秒差の6位でまとめ、チーム初優勝への第一歩を刻んだ。

Tokai Univ training camp in Arizona, USA

2019年の箱根駅伝8区で首位を奪取する区間新記録を達成した小松陽平。最優秀選手に送られる金栗四三杯も受賞した3年生が、駅伝を走れるのもあとワンシーズン。再びの活躍を期して研鑽を積む。

Tokai Univ training camp in Arizona, USA

フラッグスタッフにあるトレーニング施設HYPO2でウェイトトレーニングを行う館澤亨次。全日本大学駅伝では1年次から3年連続で区間賞、2019年の箱根も4区で区間2位とエースの走りを見せつけた。トラックでの走りも目覚ましく、1500mでは2年連続全日本選手権を制している。そのスピードを生み出す基礎には、ウェイトトレーニングによる筋力向上がある。

(西出仁明コーチインタビュー)フリーウェイトは魔法ではない。しかし怪我を予防し、身体の使い方を教えてくれる。

1 2

mark 12 NOW ON SALE