fbpx

6月ですね。東京はもう梅雨入りし、しばらくスッキリしない天気が続いています。

昨年も梅雨時期におすすめのレインウェアを紹介しましたが、今年もレインウェアをRBRG的にチョイスしてみようと思います。

今回紹介するのは、THE NORTH FACE / ライトニングコート

MARK GEAR by RBRG

一見モッズコートライクなシルエットのレインコートですが、なかなか面白いコートです。

まずは生地。ライトニングコートで使われている7D HYVENT® Flyweightは、同社のトレイルランナーに人気の超軽量レインジャケット、ストライクトレイルフーディー(メーカー公表値:Lサイズ115g)と同じ生地。

そのことからわかるようにこのライトニングコートもかなり軽いです。重量はメーカー公表値でLサイズ280g、ロング丈でありながら一般的なレインウェアとほぼ同じか少し軽いくらいの重量。また、付属のスタッフサックに入れると、結構コンパクトになり、持ち運びがしやすいのもポイントです。

MARK GEAR by RBRG
MARK GEAR by RBRG

実測値はLサイズがスタッフサック込で274gでした。

しかも、この薄さと軽さながら3レイヤー(内側に裏地の貼られた三層構造)なので着たときのベタつきも少なく快適な着心地を実現しています。

そして、シルエット的に街着で使えるのはもちろんなんですが、面白い使い方ができるのはフィールドに出たとき。ランというよりはライトハイク寄りな状況ですが。

というのも、ロング丈なんで、腰回りまで濡れからカバーしてくれるし、オーバーサイズなんで結構大きいザックの上から羽織ってしまう事ができるんです。この事によって多少の雨ならライトニングコート+短パンの組み合わせでレインパンツ無しで行動できてしまうし、ザックカバーも省略できます。

MARK GEAR by RBRG

180cmでLサイズを着用。裾やウエストはドローコードで絞ることができます。

MARK GEAR by RBRG

中身の詰まった25Lのザックの上からでも羽織れてしまいました。

ちなみに、フロントはスナップボタンなんで、止水ジップとくらべて隙間から雨の侵入する可能性はあります。それは理解した上で使ってください(逆に開け閉めがしやすかったり、換気がしやすいというメリットもあります)。素材ゆえの透け感も若干あるので、その点もご了承ください。

と、若干の弱点もありますが、街ではおしゃれなレインコートとしてなんならスーツの上からも着ちゃえて、フィールドではポンチョ的な使い方ができる。コンパクトになるので、旅行に持っていくのにもいいし、フェスなんかでも使い勝手が良さそうです。そうやって考えたらこのコートかなり便利だと思いませんか?

普段雨が嫌いな人でも、新しいレインウェアを買った後って雨が待ち遠しくなったりしますよね。ライトニングコートで今年の梅雨を楽しく乗り切ってみてはいかがでしょう?

商品ページ
https://shop.rb-rg.jp/products/142186873

最新情報
6/21
走りの基礎を学べる人気プロジェクトLearn to RUN 2019年版がスタート(キャンセル待ち)
https://rb-rg.jp/event/11734/

6/28
隔月開催、鎌倉の名所を楽しむグループラン「私を鎌倉に連れてって vol.5」

スタッフ、アスリートブログ随時更新中
https://rb-rg.jp/blog/

ショップ情報
Run boys! Run girls!

Run boys! Run girls!(ランボーイズ!ランガールズ!)
住所 101-0032 東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル404
TEL 03-5825-4534
営業時間 12:00〜21:00
定休日 不定休
http://rb-rg.jp/

mark 12 NOW ON SALE