fbpx

フルマラソンで過去最高の321,459人(約12.2倍)の応募が寄せられるなど、日本だけでなく、アジアや世界中からランナーが集う日本最大の市民マラソン大会として注目を集めつづける東京マラソン

2017年2月26日(日)に開催される第11回大会は「東京の素晴らしさを内外に一層アピールする」、「記録をねらえる高速コースにする」という二つの視点から、コースが変更されることも決まっています。

そんな東京マラソンの第1回大会からオフィシャルタイマーとして計時協賛を行っているのがセイコー。本格スポーツウオッチブランド<セイコー プロスペックス>のランニングウオッチシリーズ「スーパーランナーズ」から「東京マラソン2017」開催を記念した限定ランニングウオッチを発売します。

SMART-LAP

東京都の花であるソメイヨシノをイメージしたピンクと、新宿御苑や日比谷公園など豊かな緑を湛えた東京をイメージしたグリーンという鮮やかな限定カラーの「SMART-LAP」モデル。最大の特徴はスマートラップ機能とマラソンモードです。

  • SMART-LAP
  • SMART-LAP

スマートラップはマラソン大会のコース上に敷設されているマットから発せられる電波に反応し、自動でラップを取得するのでうっかりラップを取り忘れる心配がありません。「東京マラソン2017」ではスタート地点、フィニッシュ地点のほかに、5km毎と中間地点に電波を発するマットが敷かれているので自動的なラップ取得でストレスなくレースに挑めること必至です。※マットは諸事情によりこのほかに任意の地点にも敷かれることもあります。

  • SMART-LAP
  • SMART-LAP

さらにマラソンモードは事前に必要情報を時計に入力しておくだけで、マラソン大会当日のスタート時刻30分前にマラソンモードが自動起動し、スタート時刻までのカウントダウンを開始。スマートラップがスタンバイ状態に入り、 スタート時刻になると自動で計測が開始されます。また、スタート時刻からの経過時間で表示する「グロスタイム」とランナー自身がスタート地点を通過してからの時間経過で表示する「ネットタイム」の二つの時間表示方法があり、 事前に表示方法を設定しておくことができるというものです。

「東京マラソン2017」記念限定モデルは2016年11月26日(土)より、 全国の時計販売店・大手量販店・スポーツショップにて販売が開始。希望小売価格は18,000円+税で販売数量は各色限定1,000本となっています。東京ビックサイトで開催される「東京マラソンEXPO 2017」のセイコーブースでも2月23日(木)~25日(土)の3日間に渡って販売されるので合わせてご注目ください。

セイコー プロスペックス公式Webサイト
http://www.seiko-watch.co.jp/prospex

RECRUIT