fbpx

(写真 濱田晋 / 文 小泉咲子 / 協力 ニューバランス)

ニューバランスの特設サイト、FIND YOUR BETAに登場する彼女たちはスピードやレースに拘らず、ただ走ることによって、心体ともにライフスタイルを豊かにしている女性たち。そんな彼女たちが、12月6日に開催される湘南国際マラソンに出場するという。完走を目指すのか、目標タイムを設定するのか、何を目的に走るのか――。そこでラン歴も、ランスタイルも、走るワケもそれぞれ違う3人の今の心境を聞いた。3人がスタート地点に立つのは、2カ月半後だ。

レースがあるなら、目標をもって走りたい

sample alt

ライブ、とくに野外ともなると、太陽や照明の熱がすごくて、とにかく体力勝負。「呼吸が上がってもステージで力を出し切れるように」と思って、走り始めました。最初はジムで走ったり、筋トレをしていたんですけど、誰かにやらされてる感が苦手だったのと、一か所に通うのに飽きてしまって。そもそも、芸能の仕事を志したのも、毎日違うところで違うことをしたいと思ったから。外で走るのは、公園や川沿い、皇居と、環境に変化があるから続けてるのかもしれません。

ふだん走るときは、無理に走らないって決めているんです。なので、時計もランニングアプリも持ちません。でも、大会となれば、目標は明確にします。これまでハーフを3回走って、1回目は、ホノルルハーフマラソンで2時間4分。2回目も同じ大会で、1分縮めて2時間3分。2時間を切るのが目標だったので悔しかったですね。3回目は、ホノルルから数カ月後の軽井沢。膝を痛めた状態で走ったので17㎞でリタイアしてしまったけど、風が気持ちよくて大会自体はすごく楽しめました。フルは今回が初めて。フルと言うことは、当たり前ですけどハーフの倍、走ることになるんですよね。不安でたまらないけど、決めました。4時間半を目指します!

sample alt

ランって、自分との戦いだと思うんです。グループでの活動では、メンバーに甘えられる部分もあるけど、走っているときはひとり。対自分との勝負に負けたくないですね。練習をして、“ゴール=目標”に向かって走るのは、お仕事に通じるところがあります。今は、現メンバーで武道館コンサートをするのが目標。前に武道館のステージに立ったときのあの光景を新メンバーにも見せてあげたいんです。

SUPER☆GiRL 荒井玲良
「avexアイドルオーディション2010」で選ばれ、芸能界デビュー。抜群のスタイルで、モデル業に挑戦したり、バラエティ番組に出演したりとマルチに活躍中。14年に出場したホノルルハーフマラソンでのタイムは2時間3分。女子15~19歳の部で準優勝した。中学時代は、バトンとチアリーディング部に所属。

彼女たちは走るペースも、頻度もさまざま。ランニングとの向き合い方は、ランナーの数だけある。でも、同じ大会を目指すと決めた3人の思いに刺激され、自分もフルを走ってみたいと感じたら、その思いを大切にしてほしい。彼女たちが走る湘南国際マラソンでは、すでに応募を締め切っているが、現在、10名の女性ランナーを追加募集している。フルマラソンを走る日は“いつか”ではなく、12月6日だ。
https://monipla.com/findyourbeta/campaigns/3661

MAIL