fbpx

(写真 Ryo Mitamuta)

解体が完了し、2019年のラグビーワールドカップ2020年のオリンピック・パラリンピックへ向けて建設が始まる新国立競技場。2,500〜3,000億円にもなると言われている巨額な建設費やザハ・ハディド氏による斬新なデザイン案、地元自治体である東京都と文科省との不協和など、さまざまな問題を抱えていることが各メディアでも取り上げられています。

大型大会の招致や市民参加のイベントにいたるまでスポーツを楽しむために都市におけるスタジアムは必要不可欠な存在である一方、国民の税金でまかなわれる建設や維持にかかるコスト、景観への配慮、騒音などといった負担を生み出すものでもあります。

そんな中、理想的なスタジアムのあり方を考える「都市とスタジアム」というイベントが行わており、シリーズ第4回目では新国立競技場問題が取り上げられます。

サッカーに造詣が深く、新国立競技場に関する記事も多く執筆されている作家・編集者の佐山一郎氏と早くから新国立競技場の問題点を指摘し、ザハ案反対の先陣を切ってこられた建築エコノミストの森山高至氏を迎えて、6月29日(月)に開催される今回のイベント。

さまざまな問題が表面化している新国立競技場の建設に関し、何が議論の争点になっているのか? 市民としてこの問題にどう向き合っていくべきなのか? 考えるきっかけを得てみてはいかがでしょうか。

新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場

都市とスタジアム vol.4

2015.6.29 (mon)
at VACANT(東京都渋谷区神宮前3-20-13)
19:00 open / 19:30 start
入場料:¥1,000

出演:
佐山一郎(作家、編集者)
森山高至(建築エコノミスト)

司会:
山口博之(BACH)

予約:http://www.vacant.vc/d/219(VACANT)
*予約フォームは、イベントページ下部の〈RESERVE〉ボタンより立ち上がります。
スタジアムに関する質問、疑問を受け付けております。予約フォームの備考欄にご記入お願いします。

【プロフィール】
佐山一郎
成蹊大学文学部文化学科卒業。作家/編集者。『スタジオ・ボイス』編集長などを経て84年よりフリー。イベント関連著作に季刊『デザインニュース』(日本デザイン振興会)初出の浜野安宏、柳宗理、内田繁、面出薫らへのロング・インタビューを収めた『デザインと人 25 interviews』(マーブルトロン)。主著書に『闘技場の人』(インプレスR & D)、『VANから遠く離れて 評伝石津謙介』(岩波書店)ほか。2013年よりサッカー本大賞選考委員長。現在発売中の『フットボール批評』(カンゼン)issue 05で、猪瀬直樹前東京都知事による新国立競技場問題への苦言を引き出している。

森山高至
早稲田大理工学部建築学科卒業後、政治経済学部大学院を卒業。理系、文系を問わない幅広い知見から、哲学から競艇まで文化のヒエラルキーを超えて活動する建築エコノミスト。あるときは建築家として家やビルを建て、またあるときは地域産業の復興や地方の町興しに奔走し、またまたあるときはTVや新聞等のマスメディアでコメンテーター、果たしてその実態!はマンガやアニメの超強力な応援団。そんな視点から日本の建築業とそれをとりまく社会と生活を考えています。

RECRUIT