fbpx

(文 小山暢子 / 写真提供 TOMOHIKO TAGAWA)

プーマから、新素材を採用したランニングシューズ・プーマ イグナイトが発売。それを記念して、アメリカ・ニューヨークにてローンチイベントが、そして東京でも記者発表と試走会が開かれました。

onyourmarkでは、この試走会に参加。
品川埠頭からレインボーブリッジを渡り、お台場までと約6㎞のコースを5:30min/kmペースで走ってきました。
プーマ イグナイトは、クッション性と反発性といったふたつの相反する特徴を併せ持ったシューズで、実際に走ってみると、着地した瞬間、足裏にぐっとフィットするようなクッション性が、そしてその直後に地面を跳ね返すような反発性が感じられました。その反発性は、特にスピードが出やすい下り坂で実感することができ、ひざや腰への負担も少なく、足が自然と軽やかに前に出る感覚が。久しぶりのランとなったのビギナーメンバーも、ブランクを感じさせない、思った以上の走りになったと満足度の高さを実感したのです。

エントリー層だけでなく、サブ4のランナーにも最適!

  • sample alt
  • sample alt

「ハジけるエナジークッション!」と銘打ったこのプーマ イグナイトは、エントリー層からサブ4(フルマラソンで4時間を切る)のランナーがコアターゲット。
とはいえ、試走会ではエントリーランナーからサブ3まで、幅広い層のランナーが走りましたが、「軽い」「反発性を実感できる」「安定感がある」といった声が聞こえ、どの層のランナーも満足できる履き心地になっていました。

また、エントリーランナー向けシューズはソールが厚めで重く、どっぷりとしたフォルムといったイメージがありますが、プーマ イグナイトはシルエットもすっきりしており、カラーミッドソールのファッション性の高さもポイントに。機能性、デザインをともに気に入った世界最速の男ウサイン・ボルトも日々のウォーミングアップに愛用しているそうです。

また、イグナイト旋風を全世界へ巻き起こすべく、世界10都市でランナーたちが街を駆ける「イグナイト ユア シティー」というムービーもスタート。その第一弾として東京が大抜擢されました。次の開催都市はアメリカ・マイアミ。2015年はプーマ イグナイトが世界を駆け巡ることになりそうな予感です。

『世界最速のスポーツブランドになる』誰もが“速さ”を感じられる独自の新素材とは?
進化するランニングギア。特にシューズは、ランナーとしては最も気になるところです。エントリーランナーにとって、従来のランニングシューズは軽さや衝撃吸収性が求められていましたが、最近は“反発性”も兼ねたソールが主流となりつつあります。
 

sample alt

今回発売されたプーマ イグナイトもそのひとつ。
東京での記者発表ではプーマ グローバル ランニング、トレーニング フットウェア部門責任者の萩尾孝平氏が登場し、開発者という立場から新素材の機能を語ってくれました。

  • sample alt
  • sample alt

(写真 onyourmark編集部)
「『世界最速のスポーツブランドになる』というブランドコンセプトは、記録上での速さだけでなく、コンシューマーのニーズをいち早く知り、いち早くアクションを起こすことも大切にしています。また、一般ユーザーからトップアスリートまで幅広い層のランナーに速くなってもらいたいという想いです。そして、2014年から打ち出している『フォーエバーファスター』キャンペーンのもと実現した商品がイグナイトなのです」

ミッドソールにはこれまで主流だったEVAではなく、独自に開発した新素材「イグナイト フォーム」と「フォーエバー フォーム」を採用し、さらにパーツの接合には通常の接着剤を使ったセメント製法ではなく「ダイレクト インジェクション製法」という接合を実施しています。

ミッドソールに使われるのは、PU(ポリウレタン)素材が多いのですが、このPU素材は反発性を上げると硬くなり、クッション性が落ちる、逆もまた然りで、クッション性を上げると反発性が落ちるという難点がありました。
しかし、このイグナイト フォームではクッション性があるのに跳ね返るような反発性もあるというふたつの機能の両立が実現しています。
従来のPU素材とイグナイト フォームをボール状にし、同じ高さから落とすと、その差は歴然。イグナイト フォームで作ったボールは、従来のPU素材のボールの数倍高く跳ね返るほどの反発性を見せてくれました。

高い衝撃吸収力と、足の回転が速くなる反発力。ビギナーはもちろん、サブ4、サブ3・5を狙うランナーでもぴったりです。
また、ファーストシューズとしても、トレーニングシューズとしても手にとりやすい価格帯(¥12,000/税別)であることも嬉しいですね。

<新たな履き心地を可能にしたプーマ イグナイトの3つの特徴>

sample alt

■イグナイト フォーム
その名の通りイグナイトのキーとなるテクノロジーで、EVAの軽さや衝撃吸収性、そしてPU素材の反発性や耐久性の高さを組み合わせたまさにハイブリッドフォーム。従来のEVAを使ったシューズに比べ、反発性は30%アップ。反発性のスピードも40%以上アップし、蹴り出しをサポートしてくれる。

■フォーエバー フォーム
自動車のサスペンションパーツの基礎技術を応用した新フォーム。体重の3倍といわれる着地時の大きな衝撃を受け止める剛性と耐久性、ソフトな着地感が特徴。温度変化にも強く、-20℃~40℃まで対応している。

■ダイレクト インジェクション製法
ソール材の冷却硬化による接合を実施。ソールのクッション性や反発性、屈曲性を妨げないライド感をもたらしてくれる。

【商品情報】
PUMA IGNITE(プーマ イグナイト)

  • sample alt
  •  ●自店販売価格:¥12,000(税別)
    ●カラー展開:
    01 ディープ ブルー/チーム イタリア ネイビー/フロー ピーチ
    02 ホワイト/ストロング ブルー/フロー グリーン
    03 ハイ リスク レッド/ブラック/プーマ シルバー(3月下旬発売予定)
    ●サイズ:25.0~29.0㎝、30.0cm、31.0㎝

PUMA IGNITE WOMEN’S(プーマ イグナイト ウィメンズ)

  • sample alt
  •  ●自店販売価格:¥12,000(税別)
    ●カラー展開:
    01 ヴェイパー ブルー/ブループリント/フロー ピンク
    02 ブラック/プーマ シルバー/タービュランス(3月下旬発売予定)
    03オンファロデス/ホットコーラル/ウルトラマリン(3月下旬発売予定)
    04 ディープ ブルー/チーム イタリア ネイビー/フロー ピーチ
    ●サイズ:22.5~25.5㎝

●URL:http://www.puma.jp/running

RECRUIT