fbpx

(写真 古谷勝 / 文 小泉咲子)

onyourmarkがスポーツの気持ちよさや楽しさを多くの人とシェアするために立ち上げた「onyourmark SPORTS CLUB(OYMSC)」。その第一弾は、Reebokが放つ新ランニングシューズ「Reebok ZPump Fusion」のデビューを記念したコラボワークショップだ。NCA認定コンディショニングトレーナーの坂本真理さんを迎え、ランのパフォーマンスを上げるためのセルフコンディショング講座と「Reebok ZPump Fusion」を履いてのグループランニングの模様をレポートする。

sample alt
  • sample alt
  • sample alt

六本木ヒルズに現れた「Reebok ZPump Fusion」を積んだ黒塗りのワゴン車。約30名の参加者がここで新作シューズをレンタルして、コンディショニング講座の行われるアカデミーヒルズへ。

コンディショニングで筋肉の持っている能力を引き出す

sample alt

参加者たちは、全員がランナー。フルマラソン経験者も多かった。中にはトレイルランニングを行う人も。講座がスタートする前に、今回、参加した目的を尋ねてみた。

週2回、皇居を1~2周走っているフルマラソン未経験の女性は、疲れや痛みが残ることがあり、コンディショニングに興味を持った。
「せっかくなら大会出場を目指したいので、痛みの出ない方法が知りたいですね」

週3~4回、走っている女性は、タイム向上とバランスの調整が目的。
「練習で長距離を走ると、左足首だけが痛くなるんです。バランスがよくないのかなと思って。この前の東京マラソンは6時間台だったので、タイムを伸ばしたい!」
と意気込む。

「身体を動かす上で、コンディショニングがどういったものか興味があったので」
月間200キロほど走っているのに加え、ジムで筋トレも行っているという30代男性のシリアスランナーもいた。

集まった参加者のレベルはそれぞれ。ただ速い、遅いに関わらず、みなが一様に“走る”ことに対して真剣に向き合っていた人たちが多かったように感じる。

sample alt

今回のメインテーマである“コンディショニング”は、身体が本来持つ力を引き出すためのメンテナンスを意味する。実はトレーナーである坂本真理さん自身も、自分の身体に真摯に向き合ったランナーのひとり。慢性的な不調がきっかけとなり、身体にもっと敏感になる、そんな思いからこのレッスンを始めたという。
女性が作る女性のためのマラソン大会を主宰する一般社団法人「RunGirl」のメンバーでもあり、自身もふだんから走っているだけに、ランナーが知りたいことを的確に指導していく坂本さん。

「人間は、大小約650個の筋肉を持っていて、それぞれに役割があります。みなさんの筋肉は全部動いていますか?」

坂本さんの問いかけに、意識がよりいっそう高まる参加者たち。

「筋肉が本来持っている力を引き出すのがコンディショニング。筋肉が正しく機能していないから、身体がゆがみロックがかかった状態となり、痛みも出てしまうんです。ということは、正しく使えさえれば、スピードも出るし、痛みなく走り切れます」

この言葉を聞いた参加者たちの表情は、ますます真剣味を帯びていく。

sample alt

薬指と小指の付け根を押して前後に揺らすことで、指と指の間にある小さな筋肉をほぐしていく。「ここの筋肉をゆるめておくと、しっかり地面がつかめるようになります。とくに、山を走る人は着地が変わるはず」(坂本さん)

  • sample alt
  • sample alt
  •  効果が見えるように、片脚ずつコンディショニングを行ったところ、コンディショニング前の左足とコンディショニングが済んだ右足では「左右の長さが違う!」と会場から驚きの声が。動きにくかった足の指もグー、チョキ、パーとスムーズな動きでジャンケンができるようになった。
  •  かかとをつけて、つま先を開きアップダウンを繰り返す。「かかとはランナーにとって重要なので、私は、かかとにはうるさいんです(笑)。しっかりつけて~!」と坂本さんから檄が飛ぶ。このとき意識するのは、走りを大きく左右するお尻。しっかり刺激が入るように。
sample alt

胸で手をクロスさせ、息を鼻から吸って口から吐くだけでも、肋骨周辺の筋肉が動くのがわかる。

約45分のコンディショング後、身体全体が軽くなったのがハッキリとわかった。とくに、多かった反応が「肩がラクになった」というもの。講座が始まったときは、脚を伸ばして座ったとき床から浮いていた膝が、つくようになったのにも感動!

ランでコンディショニングの効果を即実感!

sample alt

コンディショング講座の後は、グループランニングを実施。5分30秒/kmで約 6㎞のAグループと6分30秒/kmで約4kmのBグループの2つに分かれ、会場であった六本木ヒルズから外苑前に向かって、夜景の美しい都会を駆け抜けた。

sample alt
  • sample alt
  • sample alt

Aグループは、サブ4やサブ3のメンバーもいただけあって、真剣モード。Bグループは、しゃべりながらのファンラン。この日履いた「Reebok ZPump Fusion」の感想を言い合ったり、大会歴を教え合ったり、初対面の人とでもすぐに会話が弾むのも、ランという共通点があるからこそ。

実際に走ってみると、身体が軽く、コンディショニングの効果を実感! 歩幅も大きくとれて、腕もふだんより後ろに引けてる。フォーム指導を受けたわけでもないのに、こんなにラクに走れるとは、コンディショング、恐るべし!! 

「講座をやるときに、『1日片足100回ずつ、足首を回してください』とよくお伝えするんです。100回と言うとみなさん驚くんですが、時間にしたら2分!たいした時間ではありません。テレビのCM中にできますよね。1回の講座ですべてを覚えて毎日やるのは大変ですが、何かひとつでも続けてみてください」と坂本さん。

続ければ、もっと筋肉を使えるようになり、格段にタイムが速くなると確信したワークショップだった。

sample alt
sample alt

参加者全員には、このイベントを記念して作られた、“THE pump”のロゴが入ったTシャツのノベルティがプレゼントされた。

トレーナー・坂本真理さん
NCA認定コンディショングトレーナー。ダイエット、フィットネス、予防医療の分野で執筆を続ける予防医療ジャーナリストの顔も持つ。自身の体調が激変した体験から、書いて伝えるだけでなく、直接伝える場を持ちたいとコンディショニングトレーナーの資格を取得し、運動指導をスタート。女性が作る女性のためのマラソン大会を主宰する一般社団法人「ランガール」のメンバーでもあり、ヘルスリテラシー向上に繋がる活動を続けている。

【商品情報】

sample alt

発売されたばかりの「Reebok ZPump Fusion」は、「シューズと一体になっているフィット感!」「アッパーが柔らかくて気持ちがいい」「縫い目が少なくて当たらないから靴ズレしなさそう」「蹴り出しが軽い!」と参加者に大好評だった。

「ZPump Fusion」(ジーポンプ フュージョン)

  • sample alt
  •  ●自店販売価格:¥12,900(税別)
    ●カラー展開:
    01 ブラック/ソーラーイエロー/ホワイト
    02 ブラック/レッドラッシュ/ホワイト
    03 ブラック/グラファイト/ホワイト
    ●サイズ:25.0~30.0cm

「ZPump Fusion」(ジーポンプ フュージョン)

  • sample alt
  •  ●自店販売価格:¥12,900(税別)
    ●カラー展開:
    01 ブラック/ソーラーイエロー/ホワイト
    02 ブラック/ブレージングピンク/ホワイト
    03 ベースボールグレー/ホワイト
    ●サイズ:22.0~26.0㎝

・リーボック オンラインショップ(http://reebok.jp)
・リーボック フィットハブ 六本木ヒルズ ☎03 – 5771 – 1024 
・小田急百貨店新宿店 リーボック フィットハブ☎03 – 5322 – 0315

お問合せ窓口:リーボック アディダスグループお客様窓口☎︎0570-033-033 (電話受付 平日9:30~18:00)

RECRUIT