fbpx

先日NYへ行ってきました。

NYは東京にとても似ていると私は感じていますが、やっぱり日本ではない!と感じる時があります。

 

それは

sample alt

 

地下鉄に乗っている時突然ブラザーがやってきて元気はつらつに叫び始めたとおもいきや、、

つり革にぶら下がって猿のように飛び回り始めました。

sample alt
sample alt

 

目の前で急に起こり始めたので始めは何事かと思い、本能的に逃げるべきか?!と思いましたが、近くにいたまた違うブラザーがかけ声と共にノリノリな音楽も流し始め、リアルパフォーマンスが狭い車両の中で始まったと言う事を知り、こちらも急に興味津々!

sample alt

 

身軽すぎる!!

一人のブラザーのパフォーマンスが終わったら今度はもう一人の弟ブラザーがポールを使って見事なパフォーマンスをしはじめます。

sample alt

次の駅で人が乗ってくる前の短い一区間の中で全てを終わらせます。

あんなに狭い空間で完璧にパフォーマンス

普通に考えたらとても勇気がいるし、狭すぎる空間で人にぶつからないかとか緊張もしますよね。

しかしそんな事を考えるレベルでない彼らは天才だー!

出来る事ならあんな風に飛び回って2分間で人々を魅了させたい所ですが、私にはそんな勇気がまずない!と始まりの前の段階でストップしてしまいます。 (地下鉄パフォーマンスはハイレベル?にしろ、そこが日本人かな?)

でも彼らをみて、何かを始める時に自分の奥底で好奇心やワクワク感があるのに、自分の気持ちがストップさせて結局行動出来ずにいる時があったとしたら、それは相当もったいない事だろうと感じました。

なぜなら時間は過ぎて行き、10年後には今出来る事がきっと出来なくなるから!

 

終わった後は挨拶もしていてとても素敵なブラザーズ。とても面白かったです。

こんな光景は東京では見れませんね 笑

RECRUIT