fbpx

Go Pro をはじめとする小型カメラの登場により、いままで見ることができなかったスポーツの様々なシーンを目にすることができるようになりました。そんなスポーツ映像の中でも手ぶれの少ない滑らかな映像は、作品のレベルを一段あげてくれる大事な要素。しかし、手ぶれを防ぐ特殊機材は重量が重かったり、価格がものすごく高かったりと、それを採用するにはなかなかハードルの高いものでした。

しかし、いまKickstarterで投資を募っている『STABiLGO』が製品化されれば、スムーズで美しいスポーツ映像がぐっと増えるかもしれません。まずはこの動画をご覧ください!何よりその奇妙な動きに驚くはず!

これまでのスタビライザーは、蕎麦屋さんのバイクにぶらさがる岡持の原理で、カメラの下につり下げたおもりの重さでバランスを取るのが一般的でした。一方、『STABiLGO』はジャイロセンサーとモーター駆動で電子的にバランスを取るというもの。テクノロジーを駆使しながら軽さを追求するためにリサーチと開発に9ヶ月をかけたそうです。7月9日時点で$43,252を集めているこのプロジェクトから目が離せません!

RECRUIT