fbpx

すでに話題となりつつあるWEBアプリ『RUN TRACK』、みなさんご存知ですか?

これは、2004年の初代モデル発売以来、裸足感覚シューズのパイオニアとして革新を続ける「ナイキ フリー」が新たにスタートさせたキャンペーンのひとつです。

『ぐにゃりと変える』と題したキャンペーンでは、「ナイキ フリー」が提供してきた“ぐにゃり”と屈曲する裸足感覚の履き心地と、普段使っていない筋肉を刺激し、足本来の力を目覚めさせる機能に紐づけて、WEBアプリ『RUN TRACK』をリリース。WEBアプリ「RUN TRACK」は2013年4月22日(月)よりすでに無料公開されています。

このアプリの内容とは、Nike+ Runningに蓄積されるランデータを使用して、オリジナルのミュージックトラックを生成するもの! ランデータに含まれる距離、速さ、時間帯などの様々な要素をもとに8組の国内アーティストが提供するベーストラックとランデータを掛け合わせ、1ベーストラックに対して81通りのリミックスパターン及び多種多様なエフェクトサウンドを含む無数の変化パターンをつくることができるのです。

つまりは、Nike+ Runningに蓄積されたランデータを選択し、オリジナルのベーストラックとシンクすると、ランデータの走行ペース、距離、走った時刻、 天気などによって、オリジナルのRUN TRACKが生成できてしまうという優れものなんです! ランデータをシンクして作成したRUN TRACKは、音楽を可視化したグラフィックとともに、Facebookや Twitterで共有することもでき、新たなランニングのモチベーションを喚起させます。

また、自分のナイキ フリーの写真を撮影し、ハッシュタグ「#Gunyari」をつけてTwitter に投稿するとボーナスアーティストをアンロックして楽しむことができます。

気になった方は、さっそく「RUN TRACK」を下記URLよりチャレンジしてみてください。。
RUN TRACK http://nike.jp/runtrack/

なお、5月上旬にはランニングと音楽を融合し、常識を“ぐにゃり”と変える参加型イベントの開催も予定されているそうです。

『RUN TRACK』

参加アーティスト :
Eli Walks、Eccy、Jemapur、Hifana、DJ Mitsu the Beats、Kuniyuki Takahashi、Shuta Hasunuma、Tofu Beats

※「RUN TRACK」は、4月22日(月)より http://nike.jp/runtrack/ で利用することができます。
※3月23日以降のランデータ、および5分以上のランデータのみ使用可能です。
※GPSに対応したNike+ Running機器でのみ、使用可能です。

RUN GUNYARIとは
「自然な動き(ナチュラルモーション)」で自由自在に曲がる「ナイキ フリー」をインスピレーションに、自由に動き、柔軟に大胆に変化し、過去の常識を“ぐにゃり”と変え、あらたな可能性を目覚めさせる、インタラクティブな体験型のコンテンツを展開しています。Nike+ SportWatch GPSやiPhoneなどを使って蓄積されるランデータを使用して、オリジナルのミュージックトラックを生成するWEBアプリ「RUN TRACK」を、2013年4月22日(月)より無料で公開しています。また、Facebook、instagram、Twitterを通して、普段とは「ぐにゃり」と変わったランニングの写真を募集する「RUN GUNYARI」も4月23日(火)より展開。

(文・写真 onyourmark編集部)

MAIL