fbpx

名前:宮原 剛 TSUYOSHI MIYAHARA
生年月日:1983年3月3日
年齢:29歳
職業or所属:ドラマー/重機
twitter:@nachooos3
HP or BLOG:zyu-ky.net
やっているスポーツ:筋トレ、シティパトロール、ジョギング、剣道(初段)
お気に入り:adidas
やってみたいスポーツ:合気道、システマ

nachos&bausuによる2ピースロックバンド「重機〜ZYUKY〜」。ドラム&ボーカル担当のnachosさんが強くなるためにずっと続けているという筋トレは、腕立てなら速筋を意識したものを100回、遅筋を意識したもの33回を3セット、腹筋なら速筋意識を50回2セット、遅筋は20回を4セット。今必要だと思ったらその場でやるくらい、いつでもどこでもやりこんでいるそう!「外出先での筋トレはたまりませんね。僕の仕事の中にシティパトロールという、町中に起こりうる事件を未然に防ぐという任務があるのですが、それに備えたトレーニングが主です。普段から筋トレはしているのですが、実践的に使える技であったり護身用としての筋トレなんです。またドラマーとしても、一つひとつの音のボリュームのレンジが広がって、確実に効果が現れています。小さい音もすごく大きな音も、体のパーツを意識していることによって、自分が叩いた時の音がイメージ通りになりつつあります。ドラムは本当に奥が深い楽器で、身体一つで音を出すんです。同じドラムセットを使っても出す音は全然ちがう。スティックを握り、ドラムと向き合えば、今日の状態をドラムが教えてくれるんです。メンタルも大きく関係しますから、肉体を鍛えると精神も鍛えることになる、ドラムと筋トレは本当に密接につながっていると思います。ドラムは騙せませんね、ほんとに」。街の治安の悪化をふせいだり、危機的状況にあるシーンを未然に解決するように、常に目を光らせながら生活しているという大きな使命感に燃えたnachosさんに、今後の夢を聞いてみると。「そうですね、ゆくゆくはドラムで研究費を稼ぎ、宇宙開発に力を注ぎたいですね。僕の芸術活動の一環で大きなテーマでもあるんですが、今暮らしている地球と宇宙の中に潜む謎を解き明かしたいです。宇宙開発センターを設立して、宇宙のスタンダードを理解したいです。そうしてそこから学び、今地球に起きている本当に終わりの無い戦争であったり、殺戮、恨み、そういった邪念の下から人類を解放する。これが僕のいまあるテーマですね」。そんなnachosさんの音楽活動は、重機〜ZYU-KY〜の公式サイトをチェック!

(撮影 村松賢一)

MAIL