fbpx

2013年3月10日(日)に開催される「名古屋ウィメンズマラソン2013」。いよいよ本番まで4ヶ月を切った11月の週末に、エントリーランナーを対象にしたGIRLS TRAINING RUN for NAGOYA “PREMIUM”が開催されました。
昨年に引き続き、ナイキサポートランナーとして名古屋ウィメンズマラソンに出場する安田美沙子さんが登場し、集まった女性ランナーと一緒にトレーニングをするというプレミアムなこのイベント。onyourmark編集部から、同じく昨年、名古屋ウィメンズマラソンを走った小矢島が参加してきました。

200名の女性ランナーが集合

この日、日の出桟橋のTABLOIDに集まったのは、200名の女性ランナーたち。会場内にはナイキの最新シューズやNIKE+ SportWatch GPSのトライアルブースもあって、受付をすませた参加者たちは、シューズの試し履きをしたり、時計の使い方のレクチャーを受けたりと、開始までの時間を思い思いに楽しんでいました。

プログラムは、ナイキランニングアドバイザーMIDORIさんによるランニングクリニックからスタート。MIDORIさんは、名古屋ウィメンズマラソンのスペシャルサイトやこうしたランニングイベントで、アドバイザーとして活躍しているだけでなく、安田美沙子さんのトレーニングコーチもしている方。onyourmarkでスタートした安田さんの連載(Road to Nagoya)にも登場していただいています。

「今の時期は本番に向かってワクワクドキドキ感もありますが、当日までそのモチベーションをうまくキープしてください。なんとなくまだ先だよねってその日その日を過ごしてしまうと、3ヶ月半なんてあっという間に過ぎてしまって、もっとトレーニングしておけばよかった、11月のイベントの日に戻りたいと思ってしまいますよ」というMIDORIさんの言葉に思わずドキリ。ちょうど去年の今頃、大会まで3ヶ月以上あるし余裕だわなんて思っていたのに、本番1ヶ月を切ってから、じたばた焦った自分を思い出しました。

小さな目標の積み重ねを大切に

「まずはしっかり計画を立てること。具体的に何時間を切るとか大きい目標を立てますが、遠くにある大きい目標に向かって今から頑張るのは相当キツですよね。だから1週間単位で小さい目標を立てて、今週は何キロ走ろうとか、早く帰って睡眠をとろうとか、自炊をしてみようとか、そういう小さい目標を達成していくと、確実にトレーニングの効果がでます。それからこれは、特に女性ランナーの皆さんだからお話するのですが、なんでフルマラソンを走るのか、自分の中で明確にしておくといいかなと思います。例えば1分でも早くゴールしたいがために、結果的に脚がパンパンにむくんでもいいのか、それとも目標タイムには達しなくても、(フルマラソンに取り組むことで)結果、痩せてきれいになったとか、生活が整って生き生きとやる気がでたとか、そういった目標を達成できたときの方が、意外と嬉しかったりしますよね」。

これは安田さんの連載でも語られていたことですが、やっぱりこの言葉、女性ランナーならすごく共感してしまうのではないでしょうか。フルマラソンは完走したけど、結果的に体重が増えている、なんてことになったら損した気分になりかねませんが、たとえ目標タイムに達しなくても、走ってきれいになったって実感できれば、女性ならきっと何倍も嬉しいはず。

MIDORIさんのお話にモチベーションも高まったところで、いよいよ会場から外にでて、10kmコースと5kmコースに分かれたランニングのスタートです。

安田美沙子さんと一緒にランニング!

それぞれ30人程度のチームに分かれて、ゴールのお台場海浜公園を目指します。実は10kmも走るのは久しぶりのことで、ちゃんと走れるかちょっぴり不安だったのですが、普段どれくらい走っているとか、今までどんなマラソン大会に出場したとか、ランナー共通の話題で初対面の人とも盛り上がり、あっという間に時間が過ぎていきました。
途中、晴海大橋にさしかかったところで、ランニングウエアに身を包んだ安田美沙子さんを発見!と思ったら、こちらに手を振りながら、そのまま合流して、私たちと一緒に走り始めました!!
目標タイムや食事のことなど、フレンドリーに会話をしてくれた安田さんと一緒に走って、参加者たちもひと際にぎやかに。前回の大会では、自己ベストを更新したという安田さんに、大きなパワーをもらうことができました。

再びTABLOIDに戻ったあとは、ナイキマスタートレーナーMADOKAさんによる「NIKE TRAINING CLUB(NTC)」のプログラムを体験。女性が特に弱い内股を鍛えるスクワットなどが多く盛り込まれていて、30分のショートプログラムながら、かなりハードなトレーニングでした。お腹もぺこぺこになったところで、タイミングよく、野菜のコンソメスープと有機野菜とチキンのラップサンドのケータリングが振る舞われ、美味しくいただきながら、安田美沙子さんのトークショーを楽しみます。

途中、ナイキの最新ランニングウエアの紹介を挟んで、再び安田さん、MIDORIさん、MADOKAさんによるトークが続き、最後は参加者全員で記念写真を撮影。イベントオリジナルラッピングクロスやレース当日までのトレーニングプログラムカレンダーなどのお土産をもらって、この日のイベントは終了しました。

前回の大会当日にも感じたことですが、女性ランナーがたくさん集まる場は、本当に華やかで、前向きな空気感に溢れていて、同じ距離を走るにしても、モチベーションも楽しさも全然変わってくる気がします。
「GIRLS TRAINING RUN for NAGOYA」は、今後も定期的に開催されるそうなので、MIDORIさんのアドバイスを直接受けたい方、新しいラン仲間と繋がりたい方は、ぜひエントリーしてみてください。きっと大会当日をよりいっそう楽しめることになると思います!

NIKE+ RUN CLUB: http://nikerunclub.jp

NIKE RUNNING: nikerunning.jp
www.facebook.com/nikerunjp
www.twitter.com/#!/nikerun_jp

(文 小矢島一江)

mark 12 NOW ON SALE