fbpx

“音楽とスポーツで世界をひとつに”というスローガンのもと、Jazzy Sportが目指し実践してきた活動は年々、より具体的なカタチとして、また広く受け入れられる在り方として、世の中に見えるようになってきました。

日本最大のボルダリング大会「The North Face Cup」における公式DJ、さらに今年はクライミング・ワールドカップにも関わり、2013年1月26日に開催が決定したゲレンデの音楽フェスティバル「APPI JAZZYSPORT」がまさに典型であるように、音楽とスポーツのシーンを相互に交流させる場をオーガナイズする活動も彼らは精力的に行っています。

音楽とスポーツを結びつける、その先には“オリジナルのスタイルを持った新しいアーティストやアスリートを育てていきたい”そんな彼らの思いが込められています。

言わずと知れた国内有数の音楽レーベルであり、東京と盛岡にレコードショップをかまえるJazzy Sportの活動の領域は、確実にスポーツのフィールドへも拡がり、新しい風を生むきっかけをつくっているのです。

クライミングジムとレコードショップを合体!?
『The Stone Session / Jazzy Sport Music Shop Morioka』オープン

今年10月某日、Jazzy Sport 盛岡店がリニューアルオープンし、『The Stone Session / Jazzy Sport Music Shop Morioka』へと生まれ変わりました。

レコードショップに併設するクライミングジム。まさに、彼らの目標が具現化した一つのカタチです。このショップが生まれた背景、そして今後Jazzy Sportがどんな飛躍を遂げていくのか。代表のMASAYA FANTASISTAさんに話を聞きました。

_レコードショップに本格的なクライミングジムを併設してしまう。今回そこまで思い切れた理由はなんだったのでしょうか?

MASAYA Jazzy Sportのブランド表現として必要なカタチだと確信できたのが大きいですね。クライミングをはじめとする山岳スポーツや自然と触れ合うことの大切さを身を持って学んできた中で、より多くの人への入り口を広げたい、そう思っていました。盛岡店も10年という節目の年を迎えて、またクライミングの日本選手権やThe North Face Cupといった、日本のクライミング・シーンの中心にも関わらせてもらえたことで、今まであまり接点のなかったシーンに僕らのカルチャーを伝えていくことができました。その面白さ、意義を感じれるようにもなり、まだまだマイナースポーツのクライミングですが、そのシーンを盛り上げることで自分たちも得られるモノが大きいと感じたんですね。

_レコード屋とクライミングジム、その組み合わせはいつからビジョンがあったんですか?

MASAYA レコード屋として、自分たちの愛するまだまだマイノリティーな文化をより広げていくために必要なものは何か? それらを考えて行く上で僕らがジムのあるレコード屋をやるのは自然な流れでした。

構想やイメージは昔からあったんです。そもそも、このショップの名前に使われている“The Stone Session”というネームは、今から16年ほど前に名付けられた、僕とCHOKU(Jazzy Sport Moriokaの代表)のDJユニット名だったんです。当初このstoneに"石"という意味は含まれていなかったんですけどね(笑)。

_では、偶然に?

MASAYA 長い歳月を経て、こういったカタチで見事にハマった。運命的なモノを感じますね。昔から僕はスキーを真剣にやりたくて、東京から岩手の大学に行くほどでした。スポーツに対してのビジョンは昔から明確に持っていたので、実際にシーズンオフにはスキーのトレーニングの一貫で夏山バリエーションから沢登り、基礎トレーニングとしてクライミング、ボルダリングを実践していました。

それで一度、CHOKUをクライミングのジムに誘ったことがあったんです。CHOKUは、僕よりも遥かに運動のセンスがあるんですけど、ビックリするほど一気にハマってしまった。思い返すと、CHOKUが盛岡でJazzy Sportの最初のお店を出すときに、壁にクライミングができるホールドをつければ? なんて言ったのを覚えています。それは叶いませんでしたが、結局トイレに通じるドアに電動で壁を登れるおもちゃをつけて(笑)。

MASAYA 震災もあり、様々な葛藤がありました。でもやはり、盛岡から東北を盛り上げていくことへの意味を強く感じていた矢先、今年の6月にCHOKUから魅力的な物件があると相談を受けたんです。そこからは一気に進めましたね。この辺りのスピード感は僕らの持ち味だと思っています。

ガラス一枚で仕切られた2つの空間
クライマーと音楽好きが自然と行き来できる場所

_クライミングジムのプランニングはどういった流れで進行していったんですか? 

MASAYA 「The North Face Cup」で全国のジムに行く機会をいただいていたので、そこで感じたこと、自分たちのやりたいカタチをより明確に思い描きながら、ジムをつくると決めてからは関東の行ったことのないジムにも足を運びました。

ウォールのプランニングに関しては、もともと僕らがクライミング・シーンに巻き込まれるきっかけをくれたトップクライマーのひとり、松島暁人君の紹介で、伊藤剛史君が主宰するBOTANIXというチームに壁の施工をお願いしました。彼らはクライミングウォールを家具を作るくらいの気持ちで建てていて、壁をただの壁ではなく、一つの芸術作品として捉えていました。自分たちの作品へのこだわりや情熱、信念、共感するところが多く、本当に彼らと作れて良かったと思っています。こちらのアイディアを最終的に最高の作品として仕上げてくれたと思います。

_かなり本格的なクライミングジム、ということなんですね。

MASAYA ウォールのポイントとしては、国内最長では?という145度というかなりの強傾斜と、120度、135度の強傾斜。さらにその裏側が初心者や子供も楽しめる垂壁になっています。あとは、ドM兼ドSのCHOKUが世界中からセレクトした持ちニクいホールドたちも魅力のひとつです。

_今回のショップリニューアルに際して、“とくにこだわったポイント”を挙げるなら、どんなところになりますか?

MASAYA 敢えてひとつ挙げるなら、ショップスペース、ジムスペースがガラス格子で仕切られていて、ボルダリングをしていてもレコードを買っている人が見えたり、レコードを見ていてもボルダリングをしている人が見えたり、そこから交ぜていければ、という点ですね。それと、東京との統一感という意味では、東京のショップ/5HGアトリエのデザインも手がけてくれたtoeの山㟢廣和君 (Metronome Inc.)に内装を手がけてもらい、現地の施工管理を盛岡で内装や手作り家具などを手がけるparagraphの小川口貴之君にお願いしました。

_ショップ部分の在り方は、レコード屋の域を越えて、セレクトショップにも近い広がりがある。アウトドアのギアなども扱っているんですよね?

MASAYA スペースが広くなったので、新しい提案も色々と出来るようになりました。これからも色々と新たに取り扱っていく予定で、現在はARC'TERYXやmission workshopの取り扱いが始まっているのと、レコードやCDも今まで以上のストックが出来るようになりました。

音楽を中心としたセレクトショップとしてより面白くなっていると思います。

_今回のリニューアルオープンで、Jazzy Sportの可能性はどんな風に広がると思いますか? 

MASAYA ブランドコンセプトが伝わりやすく、理解されやすくなったと思います。無防備に飛び込んできてくれる人がもっと増えるといいですよね。音楽のシーンにもスポーツを、そしてスポーツのシーンにも音楽を。そうして相互に交流できる環境をつくれることで、オリジナルのスタイルを持った新しいアーティストやアスリートが育っていくことに期待しています。そして小さな子供たちにも自然と伝われば、Jazzy Sportだけでなく、世の中全体がもっと面白くなると思うんです。それが一番の望みですね。

【お知らせ】
Jazzy Sportが参加する『The North Face Cup』ツアー、絶賛開催中!
全国各地で『The Stone Session / Jazzy Sport Music Shop Morioka』の雰囲気を体感できます。
エントリーはこちらから:http://onebouldering.jp/app/

2013年1月26日に「APPI JAZZYSPORT」開催決定!
まさにJazzy Sportのコンセプトをそのまま体感できる真冬のフェスティバル in 安比高原スキー場。
問い合わせ先はこちら:http://www.appi-jazzysport.com

『『The Stone Session / Jazzy Sport Music Shop Morioka』
住所:岩手県盛岡市厨川5-13-48(駐車場有)  電話番号:019-647-3855
営業時間:月〜土曜日 13:00〜23:00 日曜日 10:00〜20:00 定休日 不定休

◎会員登録料 ¥1,000

◎利用料金
平日:13:00-23:00 大人¥1,500 / 大学生,高校生¥1,000 / 中学生,小学生 ¥800
20:00-23:00 大人¥1,000 / 大学生,高校生 ¥800
日曜日・祝日:10:00-20:00 大人¥1,500 / 大学生,高校生 ¥1,000 / 中学生,小学生 ¥800

◎回数券有効期限有り(購入日から無期限で利用できるお得なチケットです。)
11回 大人 ¥11,800 / 大学生,高校生 ¥9,800 / 中学生,小学生 ¥7,800
23回 大人 ¥18,800 / 大学生,高校生 ¥16,800 / 中学生,小学生 ¥14,800

◎回数券有効期限有り(購入日から3ヶ月間利用できるチケットです。)
32回 大人 ¥24,800 / 大学生,高校生 ¥22,800 / 中学生,小学生¥20,800

◎月パス(登録日から1ヶ月間いつでも施設を利用できるチケットです。)
1ヶ月パス 大人 ¥7,000 / 大学生,高校生 ¥6,000 / 中学生,小学生 ¥5,000

◎レンタルシューズ(シューズをお持ちでないお客様へ)
1足 ¥200

Jazzy Sport(ジャジー・スポート)
「女性に優しいハードコア」をモットーに、さまざまな空間をスペシャルなものに変えてしまう集団、JAZZY SPORT。DJ、MC、ミュージシャン、ダンサー、ウェブ&グラフィックデザイナー等をメンバーにかかえ、盛岡と東京のどちらにもミュージックショップを持ち、東京のプロダクション&アトリエを拠点にワールドワイドに活動中。

(文 onyourmark編集部 / 取材協力・写真提供 Jazzy Sport)

MAIL