fbpx

iPhoneを片手に微笑むのは、米バージニア大学博士課程の学生、Shahriar Nirjonさん。コンピュータ科学を専攻する彼のチームが開発したのは、エクササイズ中の心拍数をコントロールするために選曲してくれる、画期的なイヤフォン&iPhoneアプリです。

以前、iPhone内臓カメラを使って心拍数を測定するアプリはご紹介しましたが(「カメラを顔に向けるだけ!画期的な心拍数測定アプリが登場!」を参照)、イヤフォンで心拍数を測定するこちらのシステムは、バイオフィードバックを用いて、エクササイズ中の心拍数をコントロールするために選曲してくれるという一歩も二歩も進んだ技術。
といってもなんのことだか分かりづらいかも知れません。「ミュージカル・ハート(Musical Heart)」と名付けられたこのシステム、一体どういうものかというと……?

バージニア大学のプレスリリースによると、「ミュージカル・ハート」は、スマートフォンに装着するイヤフォン・マイクとアプリケーションで構成されます。センサーとマイクが耳孔から動脈の脈拍を検出。耳の孔から脈拍が分かるだけでもすごいと思いますが、連動したアプリが利用者の活動状態、ランニングやウォーキング中なのか、もしくはリラックスしているのかなどに応じて、心拍数を上げるにはアップテンポな曲を、下げるにはスローな曲を自動で選曲してくれるのです。
つまり、自分では意識できない体の生理的な指標を捉えてフィードバックすることで体内状態を制御する技術を用いて、運動中には心拍数を上げ、 クールダウン時やリラックス時には心拍数を下げてくれるというワケ。
演奏中の心拍数をモニターし続けて効果を測定することで、選曲の精度はどんどん上がっていくそうです。

従来のハートレートモニターはリストバンドや、胸に巻き付けるストラップバンドが必要でしたが、もちろんそれも必要なし。しかも、この「ミュージカル・ハート」、20ドル程度で実用化を目指しているという点にも注目です。
Shahriar Nirjonさんによると、実用化するためのマーケティングプランはこれからということですが、それこそkickstarterなどのファウンディングサービスで募集したら、あっという間に資金が集まるのではないでしょうか。

出典:バージニア大学プレスリリース

(文 onyourmark編集部)

mark 12 NOW ON SALE