fbpx

普段は会計事務所で働いているという脇田彩さんは、ランニングをはじめて5年になるといいます。現在の職場に勤めて間もない頃、ダイエットもかねて、と会社の先輩に皇居ランを誘われたのがランニングとの出会い。それまで運動という運動をほとんどしてこなかった彼女は、そのときはじめて10キロという距離を走りきりました。

そしてその10キロランがひそかに彼女の自信となり、フルマラソンにエントリーしてみようという気持ちへとつながったのだそうです。

シューズ:ナイキ ルナグライド+4 12,075円 / ウィッチ: ナイキ+ スポーツウォッチ GPS 20,790円

大勢の人に応援され、自分の努力が実る、
マラソン大会という感動装置

はじめてのランニングで10キロを走りきれたことで舞い上がっていたのか、軽い気持ちで大会にエントリーしてみたら、当選してしまい、42.195キロを走ることになりました。

「フルを走り切ると、人生が変わる」って、よく言いますよね? はじめての大会で私は無事に完走することができましたけど、走りきっただけでは、人生までは変わりませんでした。でも私は、マラソン大会そのものに、すごく感動してしまったんですね。

ゴールするまでにあれだけの大勢の人に応援してもらい、それまでの自分の努力が分かりやすく実る。はじめての大会だったこともあって、まずは完走というのが目標でしたから、実感しやすい条件ではあったんです。でも、マラソン大会という、完成されたフォーマット=努力した分だけ達成感を得られるものに出会えたことで、その後のライフスタイルは確実に変わっていきました。

今では年に4~5回は、大会にエントリーするようになりました。姉もランナーなので、一緒にハーフの大会に出たり、地方のフルマラソンに参加して観光を楽しんだり。今年の名古屋ウィメンズマラソンへも姉と参加しました。いざ走ってみると、女性だけのマラソン大会っていうのは、ペースが乱れず、とても走りやすかったんです。ときどき、タイムを気にする男性ランナーが給水所などで割り込んでくることもあります。そういう心配は全くいりませんでしたから。

これまで私は国内旅行をする機会がほとんどなかったので、走ることを理由に今後も旅行を楽しもうと思っています。

2年間、走るのが辛かった。
でも走り続けた、その理由とは

でも、私のライフスタイルにランニングが定着するまでに実は2年ぐらいかかっているんです。

はじめてのフルマラソンで感動したわりに、実際に走るとなると、暑い日もあれば、寒い日もあって、走りたくない日も多かった(笑)。それで一時期は、天候に左右されないジムで走るようになったんですけど、今度はジムに行くのが面倒になって。今では、季節感を感じる余裕もでてきて、桜の時期だから走りたいなとか、紅葉の季節だから気持ちいいだろうなとか、自然と走りたいという気持ちが生まれるようになりました。仕事は基本的にずっとデスクワークなので、良い切り替えにもなりますし、むしろ仕事への集中力も高まります。

アウター:ナイキプロ DRI-FIT リミットレス ジャケット 10,080円 / インナー(イエロー):ナイキプロ DRI-FIT リミットレスブラ 4,515円 / インナー(ブラック):ナイキ DRI-FIT リレーS/Sトップ 3,780円 / パンツ:ナイキ DRI-FIT アンラインドテンポボイショート 4,095円 / タイツ:ナイキ DRI-FIT ツイステッドカプリタイツ 5,145円

走るのが辛かった自分が、いったいどうして地道に2年間も走り続けることができたのだろうか。

振り返ってみると “目標があって、それを達成するために努力する楽しさがある” それをまた思い出すことができたからだと思うんです。

私は走り始めてから考え方というか、価値観が少し変わりました。大学生の頃から徐々に、社会人になってからはとくに拍車がかかって、どこかで無難な考え方をするようになっていました。求められていることに応えられればいい、そんな風に思うようになっていた。でも中学生や高校生の頃って、もっとがむしゃらで、自分の中にもっと熱があったんです。

ランニングをはじめて、そんな自分の中に眠っていた熱が、また前に出てきた。「また暑苦しい努力をしてみよう」そう思えるようになったんです。

スポーツが本当の自分を呼び覚ます?
特別な時間をともにするウエアの重要性

走りはじめたことで“自分は熱い人だったんだ”これを思い出せたのが、最も嬉しかったことです。何かに対して情熱を注げる自分がいて、目標に向かっていく。走り続けるために私がたてた目標はフルマラソンで5時間を切って走ること。これがあったから、走り続けることができたんです。

たとえば、私は走るときに、私生活では絶対に着ないカラーのウエアを選ぶようにしています。普段よりもテンションが一段あがりますし、このウエアを着たい、って気持ちが走るモチベーションにもなります。とくに大会にエントリーするとなると、新しいウエアを買う動機にもなったりして。

ウエアのことで改めて感じるのは、吸湿速乾性が高かったり、通気性があったり、機能面が充実しているウエアは、単純に疲れづらいんです。テンションをいかにキープするか、そういう意味でウエアはデザイン面も機能面もどちらの要素も大切なものだと思うんですね。

ランニングが身体にもたらしたもの
体力がつくとライフスタイルは変わる

今の生活には、ランニングは欠かせないものになっています。メンタル面も強くなりましたし、肉体的には筋肉がついたことで代謝があがって太りづらくもなりました。走り続けていることでふくらはぎはしっかりしましたし、上半身も鍛えられて。体重は5キロ落ちたものの、筋肉がついて太くなった部分もあります。

私は走ることで女性として美しくなったのかな、と考えると、ここは難しいところですよね。肉体的に変わっていくことに抵抗がなかったと言えば嘘になります。でも、今はそれほど嫌ではなくなったんですね。

アウトドアのイベントに友達といくと、私の身体は疲れづらいことがよく分かります。基礎体力がついているからこそ、この体型なんだなって。去年、富士山にはじめて登り、今年も登ろうと思っていますけど、アウトドアにはだいぶ興味が出てきました。遊びの幅も広がっていますし、体力がついて、ライフスタイルがさわやかになったなって思います。

脇田彩(わきた・あや)
1984年生まれ。ランニングとの出会いをきっかけに、登山・スノーボードなどのアウトドアスポーツにも傾倒。フルマラソンのベストタイムは4時間29分、目標はいつかサブ4。NYマラソンや那覇マラソンなど、出てみたいマラソン大会が多数あるため、新しい目標を持ちながら、日々マイペースに走り続けている。

脇田彩さんリコメンドのNIKE WOMEN最新トレーニングギアを紹介!

●ナイキプロ DRI-FIT リミットレス ジャケット・3色展開・価格 10,080円 (写真左)
シームレスな作りが快適かつ身体の線を美しく見せるフィット感を実現したジャケット。袖のニット素材が動きやすさを向上させ、DRI-FIT素材が汗を肌から引き離します。

●ナイキ ルナグライド+4・6色展開・価格 12,075円 (写真右)
快適な走り心地を実現する「ルナロンフォーム」をミッドソールに搭載した第4世代モデルのランニングシューズ。硬さの異なる2つの「ルナロンフォーム」を組み合わせ、アッパーにはタイトな編み込みとルースな編み込みで、通気性とサポート性を実現。クッション性とフィット感を向上させるとともに、前モデルより約15%軽量化されたモデル。

NIKE WOMEN URL:nikewomen.jp
■facebookページ:www.facebook.com/nikewomenjp
■Twitterアカウント:twitter.com/nikewomen_jp

NIKE RUNNING URL:nikerunning.jp
■facebookページ:www.facebook.com/nikerunjp
■Twitterアカウント:twitter.com/nikerun_jp

お客様問い合わせ先:
ナイキお客様相談室 0120-500-719

【women's training issueアーカイヴ】
#00 本質を求める時代に寄り添う、真に美しい身体とは?
#01 加藤さやか スポーツが自分を変えてくれる
#02 渋木さやか 大切なのは自分の身体に興味を持つこと

(文 村松亮 / 写真 村松賢一)

MAIL