fbpx

新緑あふれるこの季節。
やさしい陽光、ぽかぽか陽気。
「もういーよ!」と山が呼んでいる。

そんな日は山ごはんをサッと下ごしらえ! バックパックに詰め込んで飛び出そう。

おうちで山ごはん第5回目は「お豆たっぷりやきそば」です。やきそばと言っても、温めた麺に、生姜とごま油を絡めた餡をかけるだけなんです。大豆と好きな野菜を炒めて、生姜、砂糖、醤油、ごま油を絡めるだけでいいんです。

袋入りのやきそば麺を温めて、餡をかければ栄養満点のやきそばが出来上がり!
食欲そそる香りに沢山の大豆! 力がどんどん湧いてきます。

大豆は、肉や卵に負けない良質なタンパク質を含み、鉄分、ミネラル、ビタミン、食物繊維までも豊富なので、完全栄養食と言われています。そんな大豆をたっぷり入れて、汗と共に失った栄養を補なって。

水煮やドライパックの大豆を使えば、期限や重量を気にせずテント泊や縦走などに、日帰りハイクではご飯にかけても美味しいので、是非おうちで作ってみてください。

<レシピ>
・大豆たっぷりやきそば(1~2人分)

やきそば麺  1袋

大豆(水煮) 100g
具材     100g
(蓮根、椎茸、厚揚げなど)

生姜     小1/4
きび砂糖   小2
醤油     大1,5
塩      少々
水      大1
ごま油    ひと回し

トッピング
アルファもやし、万ネギ、長ネギ、鶉の卵、胡麻など。

①油をひいて、生姜、具材を炒める。
②ある程度、具材に火が通ったら大豆を加え、砂糖、醤油、塩、水を加えて煮詰めるように味を含ませ、最後にごま油をまわし入れる。
④温めたやきそば麺(家の場合、袋のままレンチンでok)に②をかけて、トッピングをのせれば完成!

監修  mayuko kudo
1981年宮崎県出身。2年間滞在したモンゴルから帰国後、自然を求めて山好きになる。昨年は山小屋で働き、北アルプスを歩きまわる。現在、Cafe & meal MUJI 南青山キッチンスタッフ。

(写真 工藤佑斗 / 文 mayuko kudo)

【おうちで山ごはん アーカイヴ】
#01 全粒粉のトルティーヤ
#02 和風カマンベールチーズフォンデュ
#03 玄米餅ときのこの薬膳スープ
#04 オートミールクッキー

RECRUIT