fbpx

『体脂肪計タニタの社員食堂』のレシピを忠実に再現して、連日行列の絶えないほど人気の「丸の内タニタ食堂」。そんなタニタ食堂のヘルシーランチを気軽に試すことができる特製ランチボックスが、4月11日(水)から期間限定で販売されることになりました。

これは三越銀座店の催事企画として、1週間限定で先行発売されるもの。
さらにこの催事企画の売り上げを踏まえ、生産体制が整い次第、三越銀座店および丸の内タニタ食堂でも本格販売を始める計画なのだそうです。

このランチボックスは、タニタ社員食堂のレシピを食堂担当栄養士である、荻野菜々子さんが、お弁当に適した主菜、副菜を厳選してアレンジを加えたオリジナルメニューです。
ランチボックスで提供するメニューは丸の内タニタ食堂と同じスタイルで、日替わりと週替わりの2品。価格は945円均一で、いずれも米飯(精白米・100g)、主菜、副菜2品で構成。栄養バランスに配慮しつつ野菜をたっぷりと使い、1定食当たり500kcal前後、塩分は3g前後としたタニタ社員食堂のコンセプトを忠実に再現しています。

また、保存料や添加物、化学調味料は使用せず、素材の美味しさが感じられるような味付けに仕上げています。
さらにお弁当容器にもこだわりが。中皿トレイを一体方式でなくユニット方式にすることで、要加熱メニュー(白米や主菜など)と非加熱メニュー(サラダや和え物など)とを分けられるように工夫。
レンジで再加熱がしやすく、温かいものは温かく、冷たいものは冷たいうちに、作りたてのおいしさそのまま食べられるというのは、何とも食欲をそそりますよね。

出店場所は三越銀座店地下2階のデリカパーク。売場にはイートインコーナーが併設され、ランチボックスメニューの「ふわふわつくね定食」と「さわらの野菜あんかけ定食」を毎日提供するそうです。

この企画は、日頃から丸の内タニタ食堂を利用する方からの、「並ばずに毎日食べたい」「ショッピングの合間に気軽に利用したい」といった声に応えたもの。
美味しく食べて、健康的にダイエットできるタニタ食堂のランチボックス、今後の展開がとても楽しみです。

売場 :三越銀座店(東京都中央区銀座4-6-16) 地下2階 デリカパーク
販売期間:2012年4月11日(水)から17日(火)までの1週間
販売時間:弁当/午前10:00-午後8:00(三越銀座店の営業時間と同じ)
     イートイン:午前11:00-午後3:00、午後5:00-午後7:30
メニュー:日替わりランチボックス(945円・税込み)、週替わりランチボックス(945円・税込み) 
※イートインも同価格(イートイン6席)

【ランチボックスメニュー】
<日替わり>
4/11(水):ふわふわつくね弁当     (537kcal、塩分2.4g)
4/12(木):鮭のこしょう揚げ弁当    (463kcal、塩分1.8g)
4/13(金):アスパラの中華風炒め弁当  (488kcal、塩分2.5g)
4/14(土):ささみの唐揚げ弁当     (449kcal、塩分2.4g)
4/15(日):さわらのネギソース弁当   (506kcal、塩分2.6g)
4/16(月):豚肉と玉ねぎの甘辛炒め弁当 (549kcal、塩分2.1g)
4/17(火):鮭のカレー焼き弁当     (449kcal、塩分2.7g)
<週替わり> ※
さわらの野菜あんかけ弁当 (464kcal、塩分2.2g)
※催事期間内同一メニュー。本格販売以降、メニューは週替わりで提供予定。

【イートインメニュー】※
お肉の定食:ふわふわつくね定食(562kcal、塩分3.4g)
お魚の定食:さわらの野菜あんかけ定食(489kcal、塩分3.2g)
※催事期間内同一メニュー。イートインメニューには味噌汁が付きます。カロリー・塩分表記は味噌汁を含めた値です。

(文 onyourmark編集部)

MAIL