fbpx

質の高い睡眠は、私たちの身体にとって大切な要素ひとつ。
その睡眠の質を高めるためのアプリがアメリカで公開され、話題となっています。
心拍数やストレス、睡眠などを測定するバイオフィードバックアプリを手掛けるAzumio社の「Sleep Time」です。

「Sleep Time」は目覚まし時計に睡眠の質を測定する機能を組み込んだアプリ。iPhoneの加速度計を使って、Azumio社独自のアルゴリズムと組み合わせることで、最も眠りが浅いタイミングの間にベルを鳴らすことができるのです。
利用者はアプリを立ち上げたiPhoneを枕元に置いて寝るだけ。「Sleep Time」が夜中の人のわずかな動きをキャッチして睡眠サイクルを分析し、ちょうどいい時間に起こしてくれるのです。

このAzumio社は、将来的には、健康状態、睡眠、ストレス等の重要な健康シグナルを、外部デバイスなしにスマートフォン上で追跡できるダッシュボードの開発を目指しているそうです。
すでに、iPhoneのカメラを使って指先で脈拍を測定する「Instant Heart Rate」が、1日20万ダウンロードのヒットという実績を持つAzumio社。
テクノロジーの進化を身近に使うことのできるアプリの開発は、今後も大いに期待したいですね。

Sleep Time(英語対応のみ)
価格:$0.99

RECRUIT