fbpx

Start a Journey 2012.1.27(FRI) Restorative yoga/リストラティブヨガ

年間で1番寒いと言われるこの季節。ついつい胸の辺りもきゅっと閉じてしまって、なんだかすっきりしない方も多いかもしれません。

目黒駅から徒歩ですぐの、アクセスの良い場所にあるスタジオ「sun and moon」。ビルの階段を上って秘密の入り口を抜けて、少し奥まった一室にあるこのスタジオは、まるで隠れ家のよう。ドアを開けると暖かい空気とリザ先生のキュートな笑顔が出迎えてくれます。

実はリザ先生に会うのは初めてではないのです。リストラティブヨガをリザ先生の元で勉強して、私自身もクラスに取り入れています。そして今回はもっともっと、より多くの人にリストラティブヨガについて伝えたいと思い、オファーしました。だから今回は、少し特別です。

“リストラティブ”
ー 聞いたことはあるけど、本当は良く分からないー

日本語では『心身回復』『体力回復』という言葉に置き換えられています。身体を積極的に緩めていくことを目的とし、名前はヨガとついていますが、ヨガという枠にとらわれず、ワークアウトを楽しむ方、日々の生活にストレスや心身の疲れを感じている方、どんな方にも有効でまた必要とされているのがリストラティブヨガです。

普通のヨガスタジオではあまり見られないプロップを沢山使用するのも特徴的です。スタジオを開いた当時、プロップを日本に送るのにも一苦労だったそうです。ヨガという言葉ですら、今のようにみんなが耳にしてるわけではなかったので当然かもしれません。ブランケット、ブロック、ストラップなどおなじみのアイテムに加えて、ボルスター、ウエイト、ネックピロー、アイピローなど…マットの周りはプロップで埋め尽くされています。なんだか子供部屋みたいなんですね。なぜこんなに沢山のプロップが必要なのか? すべては、心地よく快適な状態を作り、身体をサポートするためです。

“心地が良いと感じる”
”力が抜けている”こと を大切にするポーズ

リストラティブのポーズの中には、股関節を緩めながら前屈を深めるポーズ、胸を開くバックベンドにあたるポーズ、壁に足をあげて新鮮な血液を心臓へと戻すインバージョンのポーズなど、様々なポーズがあります。全てのポーズにおいて最も大切なルールは、"心地が良いと感じる” ”力が抜けている" この2つになります。基本的にキープ時間も長いので少しでも心地よくない場合は調整して1番楽なポジションを探します。

最後は、いつもよりも深く長いシャバーサナで心身回復。

さて、クラスが終わってもおしゃべりはNGですよ。「せっかく心身がリラックスしたんですもん。 このまま余韻を楽しまなくっちゃ」 これがリザ先生のクラスのルール。そう心地よいルールです。

日常的に運動をされてる方は、ストイックになったり頑張りすぎてしまい、ケガや故障に繋がるケースも少なくありません。身体もときには緩めて、解放してあげないと、知らず知らずのうちに疲労を溜め込んでしまいます。

元気になるきっかけをくれるリザ先生のリストラティブヨガ。みなさんにぜひ“受けてもらいたい”レッスンです。

Instructor: Leza Lowitz
Studio:sun and moon
Address:〒141-0021 東京都品川区上大崎 3-1-5 目黒駅前マンション東口ビル 204
最寄り駅:目黒駅東口から歩いて1分
最大人数:22名
レベル:初心者〜ALLレベル

【受けてみたいヨガレッスンアーカイヴ】
#01 アヌサラヨガ
#02 ハタヨガ
#03 アディヨガ
受けてみたいヨガレッスン特別編 音ヨガ
#04 パワーフロー/コアトレ

(文 AI/構成・撮影 onyourmark)

RECRUIT