fbpx

名前:野村賢吾 KENGO NOMURA
職業 or 所属:ヨガインストラクター
生年月日:1980年7月3日
年齢:31歳
HP or BLOG:www.quiettime.jp
やっているスポーツ:ヨガ(9年)、スケートボード(14年ダラダラ)、登山(5年)
お気に入り:Luz-e-sombraのウェア

鎌倉でQuiet timeを主宰し、ヨガインストラクターとして活躍するkengo先生が、NIKEiDのカスタムに選んだのは、スケーターのためのシューズNike Air Zoom Cush(※このモデルは2012年1月をもって発売終了)。もともとヨガと出会ったのが、十代の時にスケートボードで留学したサンフランシスコだったそう。「留学時代のルームメイトが、朝ヨガをする習慣があったんです。最初、自分はやらないだろうなと思っていたんですが、スケートボードでケガをしてしまい、リハビリのつもりで始めました。いい感じにヨガをできている時は、身体がダイナミックに動いていても、頭は自分のことを冷静に内観できるんです。スケートボードもちゃんとトリックできている時は、自分の体重がここに乗って、軸はこうとってと冷静に頭が働いている。そういう動的な中での瞑想感は、スケートボードとヨガって通じるものがあるなと、ヨガを始めてから気づきました」


 今回のカスタムシューズにも、「頭の中の静けさ」というテーマを表現するワード、「Quiet」(右足)「 time」(左足)のiDを入れたkengo先生。「いろいろとPC画面でカラーをセレクトしていくうちに、ビビットではない朱色みたいな赤が気に入って、それをベースに組み立てました。スエードの質感とシックな赤にソールは黒でしめる感じで、想像通りにできましたね。ヒール部分だけオレンジを効かせています。もともとスケートをやっている時にもこのシューズは使っていたんですけれど、足首のホールド感もちょうどよくて好きなシューズです」


 「スケートは、今、街乗りという感じで遊んでいます。ヨガのワークショップで全国いろいろなところに行くんですが、ちょっと早めにその街について、午前中にスケボーで散策するのが楽しくて。その時にもぜひ履きたいですね」

(写真 村松賢一)

onyourmarkでは、〈Nike Free Run 2 iD〉を課題にNIKEiDデザインコンテストを開催中!
NIKEiDを使って、今までにないシューズデザインを投稿!
そして、自分でデザインした〈Nike Free Run 2 iD〉を手に入れよう!

RECRUIT