fbpx
マラソンや駅伝に挑戦するランナーなら、少しでも速く、快適に走るために、シューズ選びにはこだわりたいもの。1月31日に発売されるアディダスのレーシングモデル「adizero TAKUMI sen」は、2012年においてかなり注目度の高いシューズだと言えます。

あの高橋尚子さんや野口みずきさんといったトップアスリートの特注シューズ作りに携わり、2004年には厚労省から「現代の名工」に選ばれた、ランニングシューズの名工・三村仁司氏が開発を手がけたシューズなのです。
 
アシックスに35年間在籍した三村氏が、退職後にアディダスと専属アドバイザー契約を結んだというニュースは、陸上競技界のみならず、各メディアで話題になるほどのインパクトがありました。専属契約を結んでから2年。新天地で手がけるシューズの発売を心待ちにしていたランナーも多いことでしょう。
 
「adizero TAKUMI」は、アディダスが「adizero」シリーズで培ってきた数々のテクノロジーと三村氏のノウハウを凝縮した初の共同開発モデル。「adizero TAKUMI」開発チームが徹底的にこだわったポイントは、日本人ランナーを速くするための「ソール」と「フィット感」。


 
「日本人特有のリズミカルな走りを考慮したソールであること」にこだわり、スピードへの乗りやすさを追求した新ソールユニット「Dual Sprint sole system-M」を新開発。ミッドソールは、着地の衝撃をそのまま推進力に変える「フルレングス高反発EVA」と、軽量性が高く、かかとの周りの安定性を高める「Lite EVA」の2層構造になっています。
 
また、かかとからつま先まで伸びた「SPRING TORSION」によって、前足・後足の高低差を少なく、スムースな足の抜けを。アッパーには、三村氏のこだわりを追求した高機能メッシュ「Mim-Lite」を採用。優れた軽量性と通気性、撥水性、寸法安定性により、これまでにないフィット感を実現しています。
 
名工のカスタムシューズ作りのノウハウを反映した渾身の一足、これを履かずして2012年のランニングシーンは語ることはできないかもしれませんよ。

adizero TAKUMI sen
アディゼロ 匠 “戦”(レーシングモデル) 
価格:15,750円(税込)
シューズ軽量:約170g(27.0cm片足)
サイズ:22.0〜30.0cm

クッション性&安定性を高めたトレーニングモデルも同時発売
adizero TAKUMI ren M
アディゼロ 匠 “練”M(メンズモデル)
価格:13.650円(税込)
シューズ軽量:約170g(27.0cm片足)
サイズ:24.5〜30.0cm

adizero TAKUMI ren W
アディゼロ 匠 “練”W(ウィメンズモデル)
価格:13.650円(税込)
シューズ軽量:約170g(24.0cm片足)
サイズ:22.5〜26.0cm

adizero TAKUMI ren Wide
アディゼロ 匠 “練”ワイド(ワイドモデル)
価格:13.650円(税込)
シューズ軽量:約200g(27.0cm片足)
サイズ:22.5〜30.0cm

*1月31日(火)発売

アディダスグループお客様窓口 TEL:0120-810-654(土日祝除く、9:30〜18:00)

(文 小矢島一江)

MAIL