fbpx
咀嚼の効能については以前もお伝えしましたが(「よく噛んで食べれば太りにくい」は本当だった)、また新しい研究結果が発表されました。それは、テストの前にガムを噛むと成績が上がる、というもの。
 
調査では80人の学生に様々なテストを受けさせ、テストの前とテストの最中にガムを噛んだ場合の効果を比較しました。
 
するとテストの5分前にガムを噛んだ学生がより良い成績を残しました。
しかし、その効果が続いたのは15分から20分間という短い間だったそうです。
 
以前の研究から、テストの前に何かしら身体を動かすと良い結果が得られるということが分かっていましたが、今回の調査によって、ちょっとした身体の動きだけでも同様の効果が得られるということがわかりました。
 
研究者は、テストの前にガムを噛むことでパフォーマンスが上がるのは、脳の覚醒効果によるのではないかと述べています。一方で、テストの最中にガムを噛むと、脳の作業が認知と咀嚼に分散されるため、テストの成績は落ちるとのこと。

ガムを噛むことの効能、ここぞというときに上手く活用したいですね。


PsychCentralWebMDより / リサーチ 松田正臣)

RECRUIT