fbpx

毎日の食事の写真をアップするだけで、自分の栄養管理と社会貢献が同時にできる、素晴らしいiPhoneアプリを紹介します。
無料でダウンロードできる「Table For Two」は、iPhoneで撮影した食事の写真をアップするだけで、画像から栄養バランスを自動解析する食事バランス診断アプリ。
さらにヘルシーな食事の写真をアップすると、アフリカの子どもたちに学校給食が寄付される仕組みになっています。

このアプリ、実際使ってみると、食事診断が本格的なだけでなく、ログとしての機能も充実していてかなり便利。

・食事の画像をアップすると、画像から色や質感といった特徴を自動解析し、
 独自のデータベースに基づいて、そのメニューのカロリーを教えてくれる。
・1日、1週間、1ヶ月ごとの食事の記録から主菜、副菜、果物、乳製品などの
 食事バランスが算出され、グラフで確認できる。
・日々の食事の栄養素の過不足を判定し、食生活のアドバイスをしてくれる。
・月単位のカレンダー形式で写真を閲覧することができる。
・facebookやTwitterと連動し、写真の投稿を共有することができる。

写真をアップする時に、ヘルシーメニューのマークをタップすることで、協賛企業からの寄付により、アフリカの子どもたちに学校給食をプレゼントすることができます。(1回のヘルシーな食事のアップで1円の寄付となり、20回のアップで給食1食分の寄付となります)

このアプリを発表した「TABLE FOR TWO」は、開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む、日本のNPO法人。
アプリ開発には、東京大学発のベンチャー企業「foo.log」の、食事に特化した画像解析技術が使われています。

食事の写真を毎回撮影して記録することは、誰でも手軽に続けられる健康管理方法として、医学的にも注目されているそうです。
面倒な品目入力やカロリー計算をしなくても、写真をアップするだけで栄養管理ができ、さらにアフリカの子どもたちと時空を超えて食事を分かち合えるという「Table For Two」、ぜひ多くの人とシェアしたいアプリですね。

iPhone アプリ「Table For Two」
NPO法人「TABLE FOR TWO

(文 小矢島一江)

MAIL