fbpx

ヘルスケア関連システムにおける先端技術の発表などが行われる国際的な会議「Health2.0」が9月25日から27日までサンフランシスコで開催されました。

この中で発表されたのが、日本初の画期的なカロリー入力支援・食事管理を行うスマートフォンアプリ『FoodLog Cal』。日々の食事を写真で記録し、グラフィカルなユーザインターフェースで楽しくカロリーの記録・管理を行うことができるというもの。

特筆すべきは”食事写真解析技術”。東京大学大学院情報学環相澤研究室で研究開発が行われているこの技術は、食事写真から抽出した色・テクスチャなどの特徴量を元に、データベースから似ているメニューの候補を提示し、テキスト入力を行うことなく提示された選択肢から選択していくことで、カロリーの記録を行うことが可能となっています。

画像解析により提示された候補に該当するメニューが無い場合などは、ユーザは新たなメニューを登録することも可能となっており、その場合は新しいメニューがユーザ個別のデータベースに学習されていきます。
そのため、利用すればするほどメニューの推定範囲が拡大し、同時に推定精度も向上します。

アプリは、まずiPhone版が近日リリースされる予定となっており、Android版も開発中とのこと。ワークアウトと共に欠かせない食事管理も、このアプリをつかえば楽しんできそうですね。

運営会社 お問合せ先: foo.log株式会社

(文 松田正臣)

MAIL