fbpx

onyourmarkのユーザーの皆さんは日常的にワークアウトをされている方が多いと思います。
普段はカロリーよりも栄養バランスに気をつけて頂きたいものですが、付き合いなどで暴飲暴食をした後は、食事のカロリーを抑える必要が出てきますよね。

高い栄養をきちんと摂りながら、カロリーは低いーーそんな食事が理想的。しかし料理のカロリーを落とそうとすると、どうしても決まった調味料に頼ってしまい味付けが単調になってしまいがち。

今回はロー・カロリーのまま様々な料理を楽しめる5つの調味料を紹介します。ダイエット中の方には特におススメです。

1. バルサミコ酢
ロー・カロリーにこだわると醤油に頼りがちですが、時にはイタリアの果実酢であるバルサミコ酢を使ってみてはどうでしょう。バルサミコとはイタリア語で芳香があるという意味。その名の通り、深みのあるフレーバーを料理に付け加えてくれます。

2. マスタード
同じくカロリーが低い調味料にマスタードがあります。ディジョン・マスタード(フランス・ディジョン地方の伝統レシピを元に作られるペースト状のマスタード。)、ハニー・マスタード(蜂蜜が添加されたマスタード。主に肉料理のソースとして使用される)など様々な種類があるので、料理によって使い分ければ、種類の分だけ料理の幅も広がります。

3. シナモン
シナモンは見過ごされがちですが、ぜひ料理に加えて欲しい香辛料の一つです。シナモンを定期的に摂取していると血糖値が安定するという報告もあり、特に血圧の変動が高い方や糖尿病の方にはおススメとのこと。一番使いやすいのは朝食のパンなどに合わせることですが、意外に万能なので様々なレシピにチャレンジしてみてください。

4. 減塩 Chicken Broth
Chicken Brothはアメリカでは一般的な料理用のチキンスープ。特に減塩のものが良いようです。作ろうとしているレシピにサラダ油やバターがあったら、これを代用品として使うと料理の風味を損なわずぐっとカロリーを抑えることができます。
日本でも通販サイトで取り扱いがあるようですが、もちろん一般的なチキンスープを使っても効果が期待できます。

5. 新鮮なパセリ
パスタや肉・魚料理、あるいはサラダなど、パセリは万能の活躍をしてくれる食材です。特に新鮮であれば、味もグッと変わります。栄養価もとても高く、ビタミンK、C、A、葉酸(身体の細胞が作られるときに、なくてはならない栄養素)、鉄分などが豊富に含まれています。新鮮なモノが手に入らなければ、乾燥パセリでも効果はありますので、ぜひ使ってみてください。

Workin' On My Fitnessより/リサーチ 坂野晴彦・松田正臣)

RECRUIT