fbpx

運動をしている時に足がつってイライラする、そんな経験、誰もがありますよね?
足がつる原因は非常にシンプルで、実は簡単に回避できるそうです。

最も多いのは脱水症状。あまり日光にあたっていなかったり、運動不足だったり、水をあまり飲んでいなかったりすると、足がつる原因となるようです。
他には、筋張力、シューズが合っていない、電解質平衡障害、血行不足、カリウム、マグネシウム、カルシウムの不足、薬による化学物質過敏症などが原因のこともあります。

足がつったときには、次の対処法を試してみましょう。

1. ストレッチする。
つま先を上に引っぱり広げることによって、足の裏の筋肉を伸ばします。穏やかに歩くことも、足のアーチのストレッチに効果があります。

2. お湯に浸ける。
エプソムソルト(硫酸マグネシウムのこと。一般的にはバスソルト)を加えるとさらに効果があります。マグネシウムが筋肉をリラックスさせてくれるそうです。ぬるま湯はつった足を気持ち良くしてくれるくらい温かい必要がありますが、あまり熱いとやけどしてしまうのでご注意を。

3. テニスボールかゴルフボールを足の裏で転がす。
つる原因となる足の裏の張った筋肉と筋膜を緩和させます。予防にもなるので、定期的に行うことをおススメします。

4. ヒップをストレッチする
太ももやヒップ辺りの筋肉ーー特に内転筋が張っていると、足が上に引っ張られて、つる原因となります。ヒップの柔軟性を上げると、恒常的に足のつりを避けられるようになるそうです。

5. もっと水を飲む。
もししょっちゅう足がつる人は、水を十分に飲むよう心がけましょう。コーヒーや紅茶を飲むときは水を加えて、カフェインによる利尿効果をカバーすること。一日に飲むべき水の量の目安は、たとえば体重60キロの人の場合、約2リットル程度ということです。

6. 電解質を摂取する。
カルシウム、カリウム、マグネシウムなどの電解質は筋組織をリラックスさせる効果があります。これらの栄養分が不足したり、バランスが悪かったりすると、足がつる原因となるので、サプリメントを摂ることで回避する方法もあります。

Release the Painより/リサーチ 坂野晴彦)

MAIL