fbpx
女性ランナーには苦しめられるケガが、男性ランナーより多くあります。
よくある4つのケガとその症状はーー
1.ヒザの軟骨軟化症
最もよくあるのは、ヒザ小僧を苦しめるこのケガです。これは文字通り、ヒザ小僧の周りの骨の組織(軟骨)が柔らかくなっている状態です。大抵はヒザの摩耗や損傷が原因で、元々この組織は強いはずなので、軟化すると大きな問題を引き起こします。ヒザ小僧の下辺りに違和感、もしくは痛みがある場合は放置せず、すぐに医者に診てもらったほうがいいでしょう。
 
2. 後十字靭帯損傷
最も影響が出るのはヒザの前部分です。どのようなスポーツを行っているかにもよりますが、大抵は何かしらかの大きな打撃かヒザが延び切ってしまうかのどちらかが原因のケースが多いようです。ただ想像するほどの痛みはともなわないこともあるため、ヒザから「ひび割れたような音」が聞こえたら、一度医者で検査を受けてみましょう。早期発見が重傷を防ぎます。
 
3. 靭帯損傷
後十字靭帯損傷と異なり、靭帯損傷の原因はいくつかあります。たとえば速いスピードで走っている最中に急に止まるとか、長いジャンプの後に正しく着地できなかった、あるいはヒザをねじってしまったとか、大抵は足を正しい方に曲げない状態で方向転換をしようとした時に損傷がおきます。このケガの場合、痛みもあるし、「ひび割れたような音」もします。シリアスなランナーにとっては痛みそのものより、音が恐怖をもたらすことも多いでしょう。
 
4.膝蓋大腿部痛症候群
このケガは名前の通り、膝蓋(しつがい)骨、つまりヒザの皿の痛む症状が出ます。原因は未だ解明されていませんが、おそらくヒザの皿の動きに何かしらかの問題があると考えられています。大腿骨とヒザの皿が動くと痛みがともなうので異常はすぐに分かります。
 
これらのケガはよくあり、ランナー人生をも左右する問題なので、少しでも自分に当てはまる症状があれば、なるべく早めに医者の診断を仰ぎましょう。
 
runningshoesguru.comより/リサーチ 坂野晴彦)

mark 12 NOW ON SALE