(写真 吉野洋三 [TAKIBI] / 文 磯村慎介 [100miler])

アディダスのテクノロジーは1分1秒を争うアスリートのためだけのものではない。

ソーラーシリーズはビギナーでも楽しく、快適に走れるようにと開発されたモデルになる。

キーワードは「安定性」。

ランニングフォームや脚の筋力が発展途上にあるランナーは、着地のたびに細かなブレが生じがちで、膝がグラつき、痛みの原因のひとつになる。

柔らかいシューズほどブレやすいため、単にクッション性が高ければいいというものではないのだ。

ソーラーシリーズは優れたクッション性を誇るブーストフォームに、レール状のガイドパーツとトルションバーを組み合わせる、という手法を選択している。どちらも硬く、安定性を高めるためのものだ。

前者は土手のように足を囲むことで、エネルギーが進行方向外へと逃げることを防ぐもの。

トルションバーはブーストフォーム内へと埋め込まれ、不必要なねじれや横ブレを抑えている。

ブーストフォームのクッションと反発力を、初心者でも履きこなせるように――。初マラソンへの心強いバディはここにある。

SOLAR DRIVE
(上写真)ソーラーシリーズは3モデルとも前述したような設計思想に基づき組み上げられている。このソーラードライブは機能に大きな見劣りはない。ブーストフォームを搭載していながら、エントリーユーザーが手に取りやすいよう、ラバーソールを採用し、アフォーダブルなプライスに設定している。その上でグリップパターンはソーラーブースト、ソーラーグライドと同じものを採用。左・ウィメンズ 右・メンズ ともに¥11,000

adidas SOLAR シリーズ

SOLAR GRIDE
(右)アッパー素材にエンジニアードメッシュを採用。高いストレッチ性に加え、サポートと通気性を確保。その他はシリーズに共通するトルションバーなどのパーツにより、クッション性と安定性を両立している。コンチネンタル社製のラバーアウトソール。 ¥13,000

SOLAR BOOST
(左)シリーズの最上位モデル。NASAも用いる特殊な3D解析データに基づき、1㎜単位で繊維を正確に縫い付けたサイドケージで中央部をサポート。またミッドソールはブーストフォームが85%使用され、安定感を高める硬いパーツと組み合わされている。 ¥17,000

協力/アディダスグループお客様相談窓口  0570-033-033

※2019/9/6発売「mark12 “WHOLE RUNNING CATALOG ランニングのすべて”」転載記事

mark11

『mark 12』は全国書店と、amazon楽天ブックスなどのオンラインでご購入いただけます。また、『mark』のバックナンバー(01~011号)は、SHOP by onyourmarkからご購入が可能です。オリジナルグッズやバックナンバーも、ぜひ合わせてチェックしてみてください!

オンライン販売 amazon