大ボリュームでお届けしているMGC座談会も後編。好評発売中のmark12号で繰り広げられたモデルのJenniferさん、現役で走る桃澤大祐選手(サン工業)、EKIDEN NEWSの西本武司さんのマラソン識者3名によるMGC座談会を特別に、フルバージョンでお届けします。前編はこちら

(文・進行/和田悟志 写真/古谷勝)

zadankai

Jennifer
モデル。小さい頃からスポーツに親しみ、シアトル大学在籍時には、陸上競技の1500mやクロスカントリーなどに取り組んだ。マラソンは4レースを走り、今年の大阪国際女子マラソンでは3時間1分の自己記録をマークした。Instagram: @jennistolle

zadankai

西本武司
駅伝・陸上の情報を発信するメディア「EKIDEN News」を主宰。日本各地の競技会のみならず、国際大会にも足を運ぶ。また、自身も一般ランナーとして世界のマラソン大会に出場している。自己ベストは3時間12分。https://ekiden-news.jp

zadankai

桃澤大祐
山梨学院大出身。長野県にあるサン工業で働きながら競技に取り組む市民ランナーだが、大学卒業後に記録を伸ばし、10000mで日本選手権にも出場した。大学同期の井上大仁に勝つことが目標。マラソンの自己記録は2時間15分23秒。 Twitter: @1439_44

読めない女子レース

OYM──やっぱり男子は、大迫選手、設楽選手、井上選手辺りの名前ばかりが挙がりますね。順当であれば、その辺りがきますか?

桃澤 その他も2時間7分台、8分台の記録を持っている選手、中村匠吾選手、佐藤悠基選手、山本憲二選手らが、どうレースをつくってくるか、楽しみですよね。

西本 トップの戦いの面白さがあるのはもちろんですが、MGCに出られるっていうのは、マラソン好きにとってはオールスターガチンコ対決!みたいなものでしょう。

ジェニファー そうですよね。別府とか大阪国際などに出場するのも大変で驚いたんですけど、さらにMGCに出るにはハードルが高いので、すごく驚いたんです。アメリカのオリンピックトライアルは、女子だと出場資格が2時間45分くらいで、これを切れば走れるんですよ。そう考えると、MGCはレベルが違う。女子12人しかいない。男子は31人。それだけしか走らないのに道路を通行止めにするんだから、すごいことだなって思います。

西本 中継は、女子がNHK。男子がTBSですが、NHKは12人のレースに中継車を2台も出すそう。それにバイクもある。だから、撮り逃がせない。

桃澤 女子は12人しかいない難しさがありますね。準備ができているか、できていないかが、如実に現れると思います。

ジェニファー 12人っていう人数が信じられないですね。

西本 集団で35㎞まで行くこともありそう。その時は、2台の中継車がどう配置すればいいのか…。

桃澤 逆の戦い方もありうる。12人中、今回代表権を得るのは2人。つまり、6分の1じゃないですか。それだったら、最初にハイペースにもっていって、人数を絞るっていうやり方もあると思います。

OYM──女子は12人ですけど、顔ぶれを見ると、有力選手はそろっています。ただ、トラックから転向したばかりの選手が多くて、特に前評判が高い選手は、1〜2レースしか走っていない。

西本 以前、駒澤大学の大八木弘明監督にお話を伺った時に、東京オリンピックで活躍する条件を聞いてみたんです。“出る”じゃなくて“活躍する”ですよ。それは、北京世界陸上(2015年)、リオ五輪(2016年)、ロンドン世界陸上(2017年)、ドーハ世界陸上(今年)、それら全部に出ることだって。今年のドーハ世界陸上はMGCがあるから仕方がないとして、それができているのは、女子長距離では鈴木亜由子選手しかいない。これまではトラックで、ですが。

桃澤 鈴木選手は、去年の北海道マラソンに出ているんですよね。なので、夏の調整も知っているんですよ。難しいといわれている夏の調整法を知っている。

ジェニファー 北海道は8月のレースですもんね。

桃澤 鈴木選手はピッチ走法なので、意外とアップダウンも走れると思うんです。

ジェニファー タイムだけで見ると、他の人より何分も遅いんですけどね。強いんですね!

西本 トラックで世界陸上にも出ているし。最後にペースアップする時の感覚は、実は鈴木選手が一番優れているかもしれない。

桃澤 しかも、周りの選手も鈴木選手を意識するでしょうね。今年の日本選手権では10000mで2位に入っているじゃないですか。ラスト勝負にはしたくないって思っちゃう。

でも、どういう準備をしているか、分かりませんからね。スタミナ練習をしていたら、最初からハイペースの展開にもっていく可能性もある。日本選手権の10000mには松田瑞生選手も出ていましたね(10位)。

西本 日本選手権で鈴木選手は、同僚の鍋島莉奈選手には負けたけれど、鍋島選手は5000m、10000mの2種目でドーハ世界陸上に出場するトラッククイーン。で、特筆すべきは鈴木選手の足元。ロードの走りの感覚を変えないように、ヴェイパーフライ4%にスパイクをカスタマイズして走っているんですよね。

ジェニファー つまり、マラソンがあるからシューズの感覚は変えたくない、ということですよね? やばっ!

西本 そこまでする選手はなかなかいない。

(次ページ)神野大地、中村匠吾のエピソード。ランナーは一人で走るわけじゃない

1 2 3 4

mark 12発売記念公開座談会『2020年の東京と、その先に続くレース』9/17に代官山蔦屋で開催!
mark12にご出演いただいた、この3名による公開座談会が決定!MGCの振り返り、来たる2020年のオリンピックに向けての展望、そして走ることの意義について語っていただきます。このページで今ご覧いただいているような、尽きることのなく語られる3者のマラソン・陸上愛とその化学反応を、ぜひライブで。詳細はこちら

mark 12 発売記念公開座談会『2020年の東京と、その先に続くレース』
日時:2019年9月17日(火)19:30~21:00
出演:Jennifer(モデル)、桃澤大祐(ランナー)、西本武司(EKIDEN NEWS)
参加費:1000円(雑誌なし)、1500円(mark新刊12号付き)
お申し込みはお電話にて:03-3770-2525(蔦屋書店)