(イラスト 伊藤健介/文 小俣雄風太)

【関連記事】ストレングス&コンディショニングとは?

ネブラスカ大学リンカーン校の陸上選手だったボイド・エプリー青年は、競技力向上のために日夜ジムでトレーニングに励んでいた。

ウェイトルームに来ていたアメフト選手にウェイトを教えるうちに評判となり、1969年正式にアメフトチームのコーチとして雇われる。

ストレングスコーチに就いた翌1970年、ネブラスカ大学リンカーン校のアメフトチームは全米選手権で優勝する快挙を達成。

さらに続く1971年にも優勝し、エプリー氏のストレングスコーチングの有用性が広く知られるようになった。

ストレングス&コンディショニングの父 ボイド・エプリー氏

mark11

エプリー氏は修士まで大学で学びながら、今日のストレングス&コンディショニングのプログラムの基礎を開発し、確立。

そのプログラムは大学のアメフトチーム名にちなみ『ハスカーパワー』と呼ばれた。

この時代の『ハスカーパワー』は68名のストレングスコーチを輩出し、彼らはUCLAやフロリダ州立大学さらにはニューヨーク・ヤンキースなど全米各地の強豪チームでストレングスコーチとして活躍していくこととなった。

※2019/4/10発売「mark11 トレーニングは贅沢時間」転載記事

mark11

「mark 11」は全国書店と、amazon楽天ブックスなどのオンラインでご購入いただけます。また、『mark』のバックナンバー(01~010号)は、SHOP by onyourmarkからご購入が可能です。オリジナルグッズやバックナンバーも、ぜひあわせてチェックしてみてください!

オンライン販売 amazon