今年2019年より、プロトレイルランナーとしての活動をスタートした山本健一選手。これまで以上に活躍への期待が高まる中、その山本選手を追ったドキュメンタリームービーが公開されました。

ON THE CORNER from RIGHTUP Inc. on Vimeo.

ヤマケンこと山本健一選手がonyourmarkに寄せてくれた独占コメント

2019年春、山本健一はプロマウンテンアスリートとなりました。今回公開される映像「ON THE CORNER」は、僕が高校教師としての最後の2年間を追ったドキュメント映像です。

2017年スペインバスクでのリタイア、2018年スイスモンテローザでの経験、そしてそれらを通じて、高校教師として生徒に伝えたかったことを表現しています。

やっぱり、人生、楽しく挑戦し続けたいですね。

タイトルについては、けがからの復帰であったり、教師からプロへということであったり、「岐路に立つ」という意味が込められています。

ヤマケンにとって100マイルレースを走る理由とは?

山本選手の言葉にもある通り、映像には彼が教師として過ごした山梨県立北杜高等学校での貴重な様子も収められています。

怪我を経て、目標に掲げたUltra Tour Monte Rosa完走への道のりを追うことで山本選手が100マイルレースを走りつづける理由が紐解かれています。

「ON THE CORNER」はトレイルランニングやウルトラランニングに関する国際映画ツアー「Trail in Motion 7」に選出され、世界各国で上映中。

フィルムツアーでは視聴者による優秀作品の投票も行われていますので、ぜひチェックしてみてください。

trailsinmotion.com