(イラスト 鈴木暢男 / 文 黒澤祐美 / 協力 エニタイムフィットネス

ライフスタイルが違えば、時間の活用方法もそれぞれ異なる。日常生活にフィットネスをうまく落とし込んでいるワーキングママ・小矢島一江さんに24時間ジムの活用術を聞いた。

小矢島一江さん
広告会社勤務。1児の母。ホットヨガ歴10年、トレラン歴5年ともともと身体を動かすことは好きだったが、出産前後の生活で運動不足に。仕事と育児に追われる毎日を変えたいと思い立ち、エニタイムに入会。週に1度通っている。

TIME SCHEDULE
※一例

anytime_02

TRAINING MENU
○ジムまでランニング 1.5km
○ステップミル 20min
○上半身or下半身の筋力トレーニング 10min
○職場までランニング 1.5km

ランチタイムをワークアウトの時間に

オフィスでトレーニングウェアに着替え、1.5km離れたジムまでランニング。30分トレーニングをした後、また走って戻るというのが最近のルーティンだという小矢島さん。「これならお昼休みの1時間でラン&トレーニングができるし、子どもとの時間も減らさずにすむので自分の生活にフィットしています。ジムではステップミルを20~30分。モニタープログラムからヨセミテの風景を選んで、ちょっぴりトレラン気分を楽しんでいます」ジムに通いはじめてからの一番の変化は、身体を動かす楽しさを思い出したことだそう。「目の前の育児と仕事をとにかくこなすだけの毎日だったのが、運動の時間を捻出するために時間をコントロールする意識が芽生えました。週に2~3回の朝ランも復活。結果として仕事にもいい影響を与えています」

anytimefitness.co.jp/

※2019/4/10発売「mark11 トレーニングは贅沢時間」転載記事

「mark11 トレーニングは贅沢時間」は全国書店と、amazon楽天ブックスなどのオンラインでご購入いただけます。また、『mark』のバックナンバー(01~10号)は、SHOP by onyourmarkからご購入が可能です。オリジナルグッズやバックナンバーも、ぜひあわせてチェックしてみてください!

オンライン販売 amazon